blog1

ゼロから始める相続税入門(27)相続に関する用語解説集

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回~ゼロから始める相続税入門(26)生前贈与の活用③(相続時精算課税制度)

今まで相続に関する解説を行ってきましたが、普段聞きなれない言葉などがたくさん出てきて分かりにくい要因でもあると思います。本日は相続関連用語について解説致します。

<相続に関する用語集>

遺贈【いぞう】


遺言によって財産を贈与することです。遺贈する相手は法定相続人であるかどうかは関係なく、遺贈を受ける人は放棄もできる。

一次相続・二次相続【いちじそうぞく・にじそうぞく】


子供がいる場合、故人の配偶者と子供が相続するのが一次相続で、その配偶者が亡くなって子供だけが相続をするのが二次相続。

遺留分【いりゅうぶん】


相続財産のなかで、法定相続人が最低限相続することのできる割合です。遺留分があるのは、被相続人の配偶者、子、父母で、兄弟姉妹にはない。


遺留分減殺請求権【いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん】


遺言書に記された相続分が遺留分より少ない場合、相続人は遺留分を侵害している相続人に対して相続財産の返還を請求することができる。家庭裁判所に申し立てを行う。

延納【えんのう】


相続税を期限内に支払うことができない場合に分割して支払う方法。延納が認められるためには要件があり、延納した相続税には延納利子税がかかる。


貸宅地【かしたくち】


借地として人に貸している土地。

貸家建付地【かしやたてつけち】


貸家やアパートなどを立てて人に賃貸している土地。

換価分割【かんかぶんかつ】


相続財産の大部分が不動産の場合、その財産を売却し現金化して分割する方法。

共有分割【きょうゆうぶんかつ】


相続財産の一部または全部を複数の相続人で共有で相続すること。

寄与分【きよぶん】


被相続人の生前に、その財産の維持・増加に貢献した相続人に対して、本来の相続分に上乗せして与える相続分。(法定相続人のみ)

限定承認【げんていしょうにん】


相続財産でマイナスの財産が含まれている場合、プラスの財産の範囲内で財産を相続すること。


検認【けんにん】


公正証書遺言以外の遺言書について、その存在と内容を家庭裁判所で確認してもらう手続き。

現物分割【げんぶつぶんかつ】


相続財産を現金や土地などをそのままの形で相続人が分け合うこと。

更正の請求【こうせいのせいきゅう】


税務署への申告の際、支払うべき税額より多く前金を収めた場合などに、差額を払い戻してもらうよう求める手続き。

債務控除【さいむこうじょ】


相続財産から借入金などのマイナス財産や葬式費用などを差し引くこと。

死因贈与【しいんぞうよ】


贈与する人の死亡によって効力が生じる贈与。

受遺者【じゅいしゃ】


遺贈を受ける者として、遺言によって指定された人。

修正申告【しゅうせいしんこく】


税務署に納めた税金が本来支払うべき税額がでなかった場合に、それを訂正を行う申告。

生前贈与【せいぜんぞうよ】


生きている間に贈与すること。互の合意が必要。


相続欠格【そうぞくけっかく】


相続人が他の相続人を殺害したり、遺言書を偽造、変造、破棄などをして相続人の資格を失うこと。

相続人【そうぞくにん】


亡くなった人の遺産を受け継ぐ権利がある人。誰がなるかは法律で決まっており、法定相続人という。


相続廃除【そうぞくはいじょ】


被相続人に対して虐待したり重大な部場を与えたりした相続人に対して相続権を失わせること。遺言によっておこなうことができ、遺言執行者が家庭裁判所に申し立てる。

相続放棄【そうぞくほうき】


相続人が、マイナスの財産を含むすべての相続財産の受取を拒否すること。期限は、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内。


底地【そこち】


借地権のついた土地の所有権のこと。

代襲相続【だいしゅうそうぞく】


被相続人より子が先に死亡している場合、相続人になるはずの子に変わってその子が(孫にあたる)相続すること。あるいは、兄弟姉妹が死亡している場合に相続人になるはずだった兄弟姉妹に変わってその子(甥または姪)が相続人になること。

代償分割【だいしょうぶんかつ】


一人の相続人が遺産を多く受け取る代わりに、他の相続人に現金などの代償となるものを与える分割方法。

単純承認【たんじゅんしょうにん】


相続人のプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続すること。


嫡出子【ちゃくしゅつし】


法律上の婚姻関係にある夫婦の間に生まれた子。

調停分割【ちょうていぶんかつ】


相続人の間で遺産の分割について意見がまとまらない場合、家庭裁判所で話し合い、そこでの合意に基づいて遺産を分割すること。

直系尊属【ちょっけいそんぞく】


父母、祖父母、またはそれより上の血筋

直系卑属【ちょっけいひぞく】


子、孫、またはそれより下の血筋

特定遺贈【とくていいぞう】


特定の財産を指定してあげる遺贈の方法。

特別縁故者【とくべつえんこしゃ】


被相続人と生計をともにしていた内縁関係にある人や被相続人の療養看護を行ったい人など。相続人がいない場合は、特別縁故者が家庭裁判所に請求することで相続財産の一部又は全部を受け取ることができる。

特別受益【とくべつじゅえき】


生前に被相続人から贈与や、遺贈によって受け取った一定の財産のこと。相続財産の前渡しとみなされ、特別受益が認められると、相続財産に加えられる。

特別代理人【とくべつだいりにん】


相続人が未成年の場合、親権者が代理人となるが、未成年者とその親が共同相続人の場合、親は代理人になれないため、家庭裁判所に特別代理人を専任してもらう。

任意後見制度【にんいこうけんせいど】


認知症などで判断能力が衰えた時に備え、あからじめ後見人を選んで任意後見契約を結び、判断能力が低下したら後見人が本人に代わって財産管理などを行う仕組み。


認知【にんち】


婚姻関係のない女性との間に生まれた子を自分の実子として認めること。認知された子は法定相続人になる。

倍率方式【ばいりつほうしき】


相続税・贈与税を計算するにあたり、路線価が定められていない土地を評価する方法。固定資産評価額に一定の倍率を乗じて計算。

被相続人【ひそうぞくにん】


亡くなって遺産を残した人。

非嫡出子【ひちゃくしゅつし】


法律上の婚姻関係のない男女の間に生まれた子供。認知されれば法定相続人になるが、法定相続割合は嫡出子の1/2。

負担付遺贈【ふたんつきいぞう】


なにからしの義務を負わせることを条件に遺贈すること。借入の返済を条件に不動産の贈与など。受贈者はこれを放棄することもできる。

物納【ぶつのう】


相続税を現金ではなく、相続した不動産などで納めること。


包括遺贈【ほうかついぞう】


遺言で、財産の全部又は一部を一定の割合で取得させる遺贈の方法。例えば、遺産の3分の1を相続させるなど。

法定後見制度【ほうていこうけんせいど】


判断能力がない人や、判断能力が弱い人に変わって、補助人、補佐人、又は成年後見人が法律行為を行う仕組み。


みなし相続財産【みなしそうぞくざいさん】


本来は相続人の財産ではないが、被相続人が亡くなったことにより相続財産とみなされるもの。死亡退職金、死亡保険金等。


名義預金【めいぎよきん】


名義は被相続人でなくても、被相続人が通帳や印鑑を手元に保管するなどしていた預金は、名義預金として被相続人のものと判断される。

遺言執行者【ゆいごんしっこうしゃ】


遺言のとおりに相続財産を分割、処理する人。


養子縁組【ようしえんぐみ】


血縁とは関係なく法律上の親子になること。養子が実の親との関係を残したままの「普通養子」と実の親との法律上の関係を解消して養親の実子となる「特別養子」がある。どちらも法定相続人になりえる。普通養子は、実の親の法定相続人にもなりえる。税法上は、法定相続人に含める養子の数は、実子がいる場合は1人、いない場合は2人まで。


暦年贈与【れきねんぞうよ】


贈与税の暦年課税制度による贈与のこと。基礎控除以下(1年間に110万円)は贈与税はかからない。


路線価方式【ろせんかほうしき】


相続税・贈与税を計算するにあたり、土地の価額を路線価を用いて計算する方式。



気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

<関連記事一覧>

相続入門
ゼロから始める相続税入門(1)相続と相続税
ゼロから始める相続税入門(2)相続発生後の流れ(実際の手続きと期限)
ゼロから始める相続税入門(3)相続人は誰がなるか
ゼロから始める相続税入門(4)単純承認・相続放棄・限定承認
ゼロから始める相続税入門(5)遺産をどのように分けるか(指定分割と協議分割)
ゼロから始める相続税入門(6)遺産分割協議書の作成
ゼロから始める相続税入門(7)相続はいつ誰に相談するか?
ゼロから始める相続税入門(8)相続財産の名義変更・登記、相続税の申告・納付
ゼロから始める相続税入門(9)相続税がかかるかどうかを基礎控除で確認
ゼロから始める相続税入門(10)金融資産の評価額を調べる
ゼロから始める相続税入門(11)自宅の評価はどうするか?
ゼロから始める相続税入門(12)自宅以外の不動産の評価額
ゼロから始める相続税入門(13)みなし相続財産・その他の財産の評価方法
ゼロから始める相続税入門(14)相続税の計算方法(相続税総額と各人の納税額の算定)
ゼロから始める相続税入門(15)相続○○士・カウンセラーなどの相続と名がつく民間資格
ゼロから始める相続税入門(16)小規模宅地等の特例とは(自宅の土地は80%減に)
ゼロから始める相続税入門(17)相続税の納付と延納・物納
ゼロから始める相続税入門(18)小規模宅地等の特例とサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
ゼロから始める相続税入門(19)路線価について
ゼロから始める相続税入門(20)相続財産リストを作ろう
ゼロから始める相続税入門(21)相続税対策①(争続対策)
ゼロから始める相続税入門(22)相続税対策②(節税対策)
ゼロから始める相続税入門(23)相続税対策③(納税対策)
ゼロから始める相続税入門(24)生前贈与の活用①(暦年課税と住宅資金の贈与の特例)
ゼロから始める相続税入門(25)生前贈与の活用②(贈与税の配偶者控除)

遺言入門
遺言入門①(なぜ遺言が必要なのか?)
遺言入門②(遺言が必要な場合の具体例)
遺言入門③(遺言とはどのようなものか)
遺言入門④(遺言の種類・方式)
遺言入門⑤(公正証書遺言の作り方)
遺言入門⑥(遺言の執行とは)
遺言入門⑦(遺言と遺留分)
遺言入門⑧(遺言の撤回・変更について)
遺言入門⑨(自筆証書遺言の作り方)
遺言入門⑩(秘密証書遺言の作り方)

高齢者と税金
高齢者と税金Vol.1(年金受給者の確定申告不要制度)
高齢者と税金Vol.2(年金等に係る所得税の税額計算)
高齢者と税金Vol.3(高齢者を扶養している人が受けられる特例)
高齢者と税金Vol.4(寝たきり・要介護の高齢者と障害者控除)
高齢者と税金Vol.5(介護費用・高齢者施設と医療費控除)
高齢者と税金Vol.6(保険金と課税関係)
高齢者と税金Vol.7(孫への教育資金が非課税になる贈与税の新制度)
高齢者と税金Vol.8(バリアフリー改修工事の税制優遇【所得税編】)
高齢者と税金Vol.9(バリアフリー改修工事の税制優遇【固定資産税編】)
高齢者と税金Vol.10(NISA(少額投資非課税制度)とは?)
高齢者と税金Vol.11(ふるさと納税のススメ)
有料老人ホーム入門(20)(有料老人ホームと相続問題~入居一時金・小規模宅地~)

成年後見制度入門
成年後見制度入門①(成年後見制度とは)
成年後見制度入門②(法定後見制度の利用までの流れ)
成年後見制度入門③(任意後見制度とは)
成年後見制度入門④(成年後見制度と日常生活自立支援事業との違い)
成年後見制度入門⑤(任意後見人の職務)

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)についての解説
①概要
②現状の数と将来推移
③サービスとは?
④サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い
⑤メリット・デメリット
⑥ご夫婦部屋について
⑦入居条件
⑧食事について
⑨併設施設
⑩地域と月額料金
⑪退去要因
⑫サービス付き高齢者向け住宅と医療行為
⑬契約関連その①
⑭契約関連その②
⑮安否確認
⑯サ高住と認知症
⑰サ高住と在宅療養支援診療所
⑱東京都における独自ルール
⑲お酒とタバコ
⑳よくあるクレーム
(21)サ高住とペット
(22)サ高住と特養の入所待ち
(23)サ高住の運営会社の業種について
(24)(サ高住の特定施設とは)
(25)実態調査①入居率・入居者像・入居動機
(26)実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容
(27)評価サイト・ランクサイト等について
(28)サ高住と小規模多機能型居宅介護
(29)サ高住と高円賃・高専賃・高優賃
(30)実態調査③ 医療関連
(31)サ高住と定期巡回・随時対応型訪問介護看護
サービス付き高齢者向け住宅入門(32 )(入居の準備-必要な手続き・必要なもの-)
サービス付き高齢者向け住宅入門(33 )(サ高住と訪問介護)
サービス付き高齢者向け住宅入門(34)(サ高住の探し方)
(35)(サ高住は終の棲家になり得るか)
(36)(サ高住の増加理由[補助金・税制優遇・土地活用])
(37)(サ高住に入居するまでの流れ)
(38)(動画で見るサ高住)
(39)(サ高住のよくある質問・相談【厳選32】
(40)(サ高住の費用はいくらくらいか(初期費用・月額費用))

~関連記事~
サービス付き高齢者向け住宅入門(まとめ)
高齢者向け住宅・施設における見学時のポイント(設備編)
高齢者向け住宅・施設における見学時のポイント(サービス編)
サービス付き高齢者向け住宅MAP(東京都)
サービス付き高齢者向け住宅MAP(神奈川県)
サービス付き高齢者向け住宅MAP(埼玉県)
サービス付き高齢者向け住宅MAP(千葉県)
ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
ぷちコラム②高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ
ぷちコラム③高齢者の胃ろうについて考える

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム
お気軽にご相談ください!

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner