blog1

ゼロから始める相続税入門(16)小規模宅地等の特例とは(自宅の土地は80%減に)

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~ゼロから始める相続税入門(15)相続○○士・カウンセラーなどの相続と名がつく民間資格

本日はもしかしたら耳にしたことがあるかもしれません『小規模宅地の特例』という制度について解説させて頂きます。この制度が使えた場合は、税額がかなり低減されます。

<小規模宅地とは>
都心であれば、わずかな土地であっても数千万円、数億円という評価がついてしまい、相続税によって居住用の土地や事業用地を手放さなければならないということが起こってします。
そこで居住用宅地や事業用宅地、または貸付用宅地については、一定の要件のもと、一定の面積まで、一定の割合まで評価の減額ができることが認められています。

<小規模宅地が適用される人>
相続した時に、小規模宅地の評価減が適用される人は以下です。

①被相続人の配偶者
②被相続人と同居していた親族
→相続税の申告期限まで居住し、かつ、その宅地を所有している必要があります。

■2世帯住宅の場合は?
被相続人の居住用として利用されていた1棟の2世帯住宅で、構造上区分されているものについては、被相続人の親族が被相続人と同居していたものとみなして、その親族の居住部分に対応する宅地等が特例の対象となる宅地等の範囲に追加さます。したがって、内階段で行き来できない構造の2世帯住宅で、2世帯同居している息子がこの宅地等を取得した場合についても、1階、2階に対応する敷地全体が小規模宅地等の評価減の特例の適用対象となります。

■被相続人が老人ホームに入所している場合は
一方老人ホームに入所したことによって被相続人の居住の用に供されなくなった家屋の敷地の用に供されていた宅地等は、相続の開始の直前において被相続人の居住の用に供されていたものとして特例を適用することになります。適用を受けるための条件は以下の2つです。

①相続人に介護が必要なため入所したものであること
②その家屋が貸付け等の用途に供されていないこと

<詳細>
ゼロから始める相続税入門(18)小規模宅地の特例とサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
有料老人ホーム入門(20)(有料老人ホームと相続問題~入居一時金・小規模宅地~)

<小規模宅地の特例が受けられる土地の条件>
小規模宅地の特例を受けられる土地の条件は以下の通りです。

①被相続人または国の事業用宅地、居住用宅地であること(事業用に「不動産貸付業」を含む)
②建物、構築物が建てられている土地であること


<小規模宅地等の種類と減額の割合>
小規模宅地等は、特定居住用宅地、特定事業用宅地、特定同族会社事業用宅地、貸付事業用宅地の4つに分けられます。評価減の対象となる面積と減額割合は以下の通りです。

小規模宅地
相続する人
面積
減額率
居住用宅地
特定居住用宅地
(自宅の土地)
・配偶者、同居親族
※240㎡
80%
事業用宅地
特定事業用宅地
(商店・会社・工場等)
・親族
(申告期限まで保有、事業引き継ぎ)
400㎡
80%
不動産貸付業の事業用宅地
特定同族会社事業用宅地
(アパート・駐車場)
・役員の親族
(申告期限まで保有、事業引き継ぎ)
400㎡
80%
その他の貸付業事業用宅地
(アパート・駐車場)
・親族
(申告期限まで保有、事業引き継ぎ)
200㎡
50%

※平成27年1月1日以後に開始する相続から、特定居住用宅地等にかかる特例の適用対象面積が現行の240㎡から330㎡まで拡充されます。

<留意事項>
小規模宅地等の特例を受けるためには、相続税の申告期限までにその宅地の遺産分割を済ませておかなければなりません。また、特例の適用を受けるためには、相続税の納付税額がない場合でも必ず申告書を提出しなければなりません。

ご不明点や詳細については、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ) 03‐5201‐3645)

次回はゼロから始める相続税入門(17)相続税の納付と延納・物納です。

<関連記事一覧>

相続入門
ゼロから始める相続税入門(1)相続と相続税
ゼロから始める相続税入門(2)相続発生後の流れ(実際の手続きと期限)
ゼロから始める相続税入門(3)相続人は誰がなるか
ゼロから始める相続税入門(4)単純承認・相続放棄・限定承認
ゼロから始める相続税入門(5)遺産をどのように分けるか(指定分割と協議分割)
ゼロから始める相続税入門(6)遺産分割協議書の作成
ゼロから始める相続税入門(7)相続はいつ誰に相談するか?
ゼロから始める相続税入門(8)相続財産の名義変更・登記、相続税の申告・納付
ゼロから始める相続税入門(9)相続税がかかるかどうかを基礎控除で確認
ゼロから始める相続税入門(10)金融資産の評価額を調べる
ゼロから始める相続税入門(11)自宅の評価はどうするか?
ゼロから始める相続税入門(12)自宅以外の不動産の評価額
ゼロから始める相続税入門(13)みなし相続財産・その他の財産の評価方法
ゼロから始める相続税入門(14)相続税の計算方法(相続税総額と各人の納税額の算定)

遺言入門
遺言入門①(なぜ遺言が必要なのか?)
遺言入門②(遺言が必要な場合の具体例)
遺言入門③(遺言とはどのようなものか)
遺言入門④(遺言の種類・方式)
遺言入門⑤(公正証書遺言の作り方)
遺言入門⑥(遺言の執行とは)
遺言入門⑦(遺言と遺留分)
遺言入門⑧(遺言の撤回・変更について)
遺言入門⑨(自筆証書遺言の作り方)
遺言入門⑩(秘密証書遺言の作り方)

高齢者と税金
高齢者と税金Vol.1(年金受給者の確定申告不要制度)
高齢者と税金Vol.2(年金等に係る所得税の税額計算)
高齢者と税金Vol.3(高齢者を扶養している人が受けられる特例)
高齢者と税金Vol.4(寝たきり・要介護の高齢者と障害者控除)
高齢者と税金Vol.5(介護費用・高齢者施設と医療費控除)
高齢者と税金Vol.6(保険金と課税関係)
高齢者と税金Vol.7(孫への教育資金が非課税になる贈与税の新制度)
高齢者と税金Vol.8(バリアフリー改修工事の税制優遇【所得税編】)
高齢者と税金Vol.9(バリアフリー改修工事の税制優遇【固定資産税編】)
高齢者と税金Vol.10(NISA(少額投資非課税制度)とは?)
高齢者と税金Vol.11(ふるさと納税のススメ)

成年後見制度入門
成年後見制度入門①(成年後見制度とは)
成年後見制度入門②(法定後見制度の利用までの流れ)
成年後見制度入門③(任意後見制度とは)
成年後見制度入門④(成年後見制度と日常生活自立支援事業との違い)
成年後見制度入門⑤(任意後見人の職務)


■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム
お気軽にご相談ください!

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2017年9月9日(土)
第2回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner