blog1

サービス付き高齢者向け住宅入門(25)(実態調査①入居率・入居者像・入居動機)

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~サービス付き高齢者向け住宅入門(24)(サ高住の特定施設とは)

<概要>
(財)高齢者住宅財団が今年3月に「サービス付き高齢者向け住宅等の実態に関する調査研究」(PDFをダウンロードできます)という調査結果を発表しました。これは、同財団がサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と住宅型有料老人ホームの実態を明らかにするために行われたものであり、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が2011年10月に創設されて以来初めての実態調査となりました。
この調査結果は、301ページからなりかなりの分量のため、このブログにおいて何回かに分けまして重要な事項を取り上げて解説したいと思います。

<前提条件>
調査結果では、住宅型有料老人ホームの結果も掲載されていますが、今回はサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のみを取り上げます。
また回答数は、全体の半数程度となっているので、すべて実態が反映されているわけではありませんので、その点ご留意ください。

●対象件数…1,141件/2,065件(回答件数/ 登録物件数)
●対象時点…平成24年8月31日

<入居率>
※入居開始日からの期間は考慮していないため、入居開始後間もない入居率も含まれる。
●平均入居率 76.8%
このうち入居開始日から12ヶ月以上経過した物件についての入居率は86.9%です。

●入居開始後12ヶ月以上経過している物件
「入居率18㎡以上」の入居率が87.7%で、「25㎡以上+食堂あり」が87.2%と大きな違いはないが、「25㎡以上+食堂なし」のタイプは、76.9%と入居速度が遅い傾向がみられました。

●単身入居者の割合(単身入居者数/全入居済住戸数)
「100%」が56.4%であり、半数以上の物件で全入居者が単身入居者です。
「80%~100%未満」の物件は35.6%であり、92%の物件で単身入居者が80%以上です。

<入居動機(複数回答)>
「独り暮らしが不安になったため」が78.5%、「介護が必要になっため」が73.4%と多く見られました。ついで「食事の提供があるため」が42.7%、「介護必要になった時に備えて」が24.8%という結果でした。

<入居時の介護度>
「要介護1」20.1%、「要介護2」18.3%が多く、「要支援1」から「要介護2」までの軽介護度の入居者が54.6%を占めました。「要介護3」(12.6%)、「要介護4」(9.6%)、「要介護5」(6.1%)と中~重度の要介護度の入居者は28.3%でした。「自立」入居者は12.8%でした。

平均要介護度:「1.8」

<年齢>
サービス付き高齢者向け住宅全入居者の年齢分布では、「80 歳~84 歳」「85 歳~89 歳」の割合が高く、80 歳代の入居者が53.7%を占めました。90 歳以上の入居者は17.0%であり、全入居者の約71%は80 歳以上であった。60 歳代は7.1%、70 歳代は20.4%でした。また物件ごとの平均年齢は「84 歳代」が最も多く、81 歳~86 歳の物件が約65%でした。

物件年齢平均:82.6 歳

<まとめ>
それぞれの結果について、簡単な感想及び分析をします。
●入居率
→76.8%という平均入居率は高いという実感を持ちました。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)については、まだまだ一般の方の認知度は低いという印象をある中でも、高齢者の増加というニーズにマッチした結果ではないかと思います。
また、入居開始後12月以上の物件で、食堂なしの入居率が低いのは、自立者が少ないと言い換えることができると思います。下記の入居時の介護度や入居動機が証明しているように、介護が必要になって情報収集を始めるような方が多いため、お元気なうちにサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に転居するという選択肢自体がないのかと思います。
単身率が高いというのは、圧倒的にご夫婦向けの部屋が少ないというハード面の現状があると思います。採算面から、運営会社によっては、ご夫婦部屋を作らずにご夫婦の場合は2部屋契約しなければならないところもありますので、このような結果になったのだと思います。
(関連記事:サービス付き高齢者向け住宅入門⑥(ご夫婦部屋について)

●入居動機
→高齢者の独居の方が多いという現状と、実際に介護が必要になるまではお住まいについて検討をしないというのを反映しているのかと思います。私個人の考えとしては、お元気なうち、自分の目で自分にあったところを選んでもらい、介護が必要となったとしても住みやすい環境をというのを選んで頂きたいと思っています。
(関連記事:高齢者住宅の適切な入居時期は?

●入居時の介護度
→要介護度の平均が1.8と比較的軽介護ということでした。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は軽介護度の人が多く、重度の方は介護付有料老人ホームや特別養護老人ホームに入所しているのではないかと思います。そうしたなかで、要介護4、5と重度の方の割合いが15%超という結果も出ており、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の重度対応も一定数行われています。

●年齢
→年齢については、入居動機に介護が必要になったからというのが示すように、平均年齢は82.6歳と高い結果だったと思います

その他ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

次回はサービス付き高齢者向け住宅入門(26)(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容)です。

~今までのサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)についての解説~

①概要
②現状の数と将来推移
③サービスとは?
④サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い
⑤メリット・デメリット
⑥ご夫婦部屋について
⑦入居条件
⑧食事について
⑨併設施設
⑩地域と月額料金
⑪退去要因
⑫サービス付き高齢者向け住宅と医療行為
⑬契約関連その①
⑭契約関連その②
⑮安否確認
⑯サ高住と認知症
⑰サ高住と在宅療養支援診療所
⑱東京都における独自ルール
⑲お酒とタバコ
⑳よくあるクレーム
(21)サ高住とペット
(22)サ高住と特養の入所待ち

~関連記事~
サービス付き高齢者向け住宅入門(まとめ)
高齢者向け住宅・施設における見学時のポイント(設備編)
高齢者向け住宅・施設における見学時のポイント(サービス編)
サービス付き高齢者向け住宅MAP(東京都)
サービス付き高齢者向け住宅MAP(神奈川県)
サービス付き高齢者向け住宅MAP(埼玉県)
ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
ぷちコラム② 高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ

週刊 ダイヤモンド 2013年 5/4号 [雑誌] - ダイヤモンド社

週刊 ダイヤモンド 2013年 5/4号 [雑誌]

  • 発行: ダイヤモンド社
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/04/22
  • 定価: ¥740
  • ジャンル: Book
  • メディア: 雑誌
  • Amazon.co.jpで詳細を見る

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年9月9日(土)
第4回検定実施
詳細
2018年6月27日(水)発売!

2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner