blog1

高齢者住宅経営者連絡協議会第2回シンポジウムの参加レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は高齢者住宅経営者連絡協議会(以下高経協)主催のシンポジウム『今、伝えたい終の住まいの役割』という一般公開のシンポジウムに参加してきました。とても勉強になりましたので印象に残ったことや感想を書きたいと思います。詳細はこちら→高経協ホームページ

■高経協とは
・概要

高経協とは、これから超高齢化社会に直面する日本には、一定期間の介護や看護を目的とした「施設」としてではなく、良質な介護サービスの提供はもとより、「住まい」として暮らしを完結できるサービスや仕組みのある高齢者住宅が必要であるとの共通の認識をもち、これを浸透させ供給を拡大するための活動を行う高齢者住宅サービス提供企業の経営者の集まりです。


・目的

広く高齢者住宅の経営に携わるものが集い、高齢者住宅業界全体の発展をめざし、その課題となる事項の改善のための協議を行い、消費者の立場に立って、終身にわたり尊厳のある暮らしを支えられる良質な住まいの場を提供することによって、国民生活の向上に寄与することです。


■シンポジウムの特徴

高齢者住宅を運営する事業者の代表者が集まって、運営への思いやメッセージを配信するもので、受付や会場案内も経営者が行う一風変わったシンポジウムです。下記の写真は運営会社の代表者が舞台上に上がった写真です。
20140515-130057

■三好春樹先生の基調講演『認知症ケア、新しい視点』
私の本棚には何冊か三好先生の本があり、介護について色々と勉強させてもらいました。ですので今回お話を聞けるのがとても楽しみでした。
三好先生のお話は介護の現場の話をすごくフランクにかつユーモアある話し方で説明頂いたので、認知症をすごく身近に捉えることができました。

●印象に残ったこと
・認知症を異常なものと捉えないで、異文化なもの捉えることで認知症の方と向き合うことができる。
・認知症の方の時間軸は、アナログでなくてデジタル。場面転換させてあげることが大事。
・『人間関係を壊してまでやらなくてはならないことはない』というのが介護の原則。
・受容よりも相性が大事。
・認知症の方の暴力に権力を使うな。走って逃げて時間と距離をおけ。

ロングセラーの『痴呆論』が認知症介護というタイトルでリニューアルされたということで会場で買ってきました。なんとサインも貰いました。じっくり読んで、いずれ感想などをまとめたいと思います。
20140515-191711

■パネルディスカッション
テーマ:①「事業形態の違いと認知症への対応」②「私たちが実践する認知症ケア」

普段なかなかお話しを聞けないような方たちのパネルディスカッションを聞くことができました。パネラーの方々は社会福祉法人であったり、医療法人社団、株式会社と運営母体も様々であり、運営している施設も『特養』『グループホーム』『有料老人ホーム(介護付・住宅型)』『サービス付き高齢者向け住宅』など様々な週類の住宅であることが面白かったです。それぞれの法人格、運営している住宅の種類によって様々な対応があるのだなと思いました。ただ、時間の都合上より実務的な対応の話にまで到達しなかったのが少し残念でした。

●印象に残ったこと
・特養を運営している社会福祉法人は、入居者の方の満足はもちろんのこと、近隣住民との交流についても力を入れている。(例:認知症サポーターキャラバン

・認知症ということを意識して対応し始めたのはここ数年のこと。それまでは他の入居者に迷惑をかけた方はご退去して頂いてた。
20140515-150037

■感想
高齢者住宅を考える際に、認知症という問題は必ず考えなくてはならないテーマです。有料老人ホームの重要事項説明書でも退去要件として認知症のBPSDなどによる暴力行為などをあげていることも多いです。ただし、実際の対応は色々あるのだなぁと思います。本日のご講演の中でも、認知症の問題行動には必ず理由や背景があり、理解してあげることが大事とありました。理解して解決策を導くこともできるということです。このような対応できるか否かは、その施設の人員配置や施設の方針にもよるのかと思います。このような認知症対応について、入居者やそのご家族に対して情報がもっとクリアーになればいいのではないかと思いました。



ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

認知症関連
認知症の基礎知識Vol.1(認知症とは)
認知症の基礎知識Vol.2(アルツハイマー型認知症の特徴)
認知症の基礎知識Vol.3(脳血管障害型認知症の特徴)
“認知症の基礎知識Vol.4(レビー小体型認知症の特徴)
認知症の基礎知識Vol.5(若年性認知症の特徴)
認知症の基礎知識Vol.6(治療可能な認知症)
認知症の基礎知識Vol.7(認知症と間違われやすい病気の解説)
認知症の基礎知識Vol.8(検査から治療までの流れ)
認知症の基礎知識Vol.9(認知症の進み方と介護のポイント)
認知症の基礎知識Vol.10(中核症状と周辺症状)
認知症の基礎知識Vol.11(認知症サポーターキャラバンとは)
認知症の基礎知識Vol.12(認知症の人が介護認定を受ける際の留意点)
認知症の基礎知識Vol.13(認知症の症状が強く出る原因を理解する)
認知症の基礎知識Vol.14(認知症の方への接し方)
認知症の基礎知識Vol.15(認知症と回想法)
認知症の基礎知識Vol.16(映画で学ぶ認知症)
認知症の基礎知識Vol.17(問題行動の原因と対処法①食べたことを忘れ何度も食べる)
認知症の基礎知識Vol.18(問題行動の原因と対処法②いろんなものを口に入れてしまう)
認知症の基礎知識Vol.19(問題行動の原因と対処法③着替えを嫌がる・拒否する)
認知症の基礎知識Vol.20(問題行動の原因と対処法④お風呂を嫌がる・入浴拒否)
認知症の基礎知識Vol.21(問題行動の原因と対処法⑤夜寝れない・寝つきが悪い)
認知症の基礎知識Vol.22(問題行動の原因と対処法⑥夜中に騒ぐ・夜間せん妄)

■サ高住入門
①概要
②現状の数と将来推移
③サービスとは?
④サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い
⑤メリット・デメリット
⑥ご夫婦部屋について
⑦入居条件
⑧食事について
⑨併設施設
⑩地域と月額料金
⑪退去要因
⑫サービス付き高齢者向け住宅と医療行為
⑬契約関連その①
⑭契約関連その②
⑮安否確認
⑯サ高住と認知症
⑰サ高住と在宅療養支援診療所
⑱東京都における独自ルール
⑲お酒とタバコ
⑳よくあるクレーム
(21)サ高住とペット
(22)サ高住と特養の入所待ち
(23)サ高住の運営会社の業種について
(24)(サ高住の特定施設とは)
(25)実態調査①入居率・入居者像・入居動機
(26)実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容
(27)評価サイト・ランクサイト等について
(28)サ高住と小規模多機能型居宅介護
(29)サ高住と高円賃・高専賃・高優賃
(30)実態調査③ 医療関連
(31)サ高住と定期巡回・随時対応型訪問介護看護
(32 )入居の準備-必要な手続き・必要なもの-
(33 )サ高住と訪問介護
(34)サ高住の探し方
(35)サ高住は終の棲家になり得るか
(36)サ高住の増加理由[補助金・税制優遇・土地活用]
(37)サ高住に入居するまでの流れ
(38)動画で見るサ高住
(39)サ高住のよくある質問・相談【厳選32】
(40)サ高住の費用はいくらくらいか(初期費用・月額費用)


~有料老人ホーム入門~
有料老人ホーム入門①(概要)
有料老人ホーム入門②(契約方式・利用料の支払方式)
有料老人ホーム入門③(重要事項説明書)
有料老人ホーム入門④(人員体制・職員配置)
有料老人ホーム入門⑤(住所地特例について)
有料老人ホーム入門⑥(特定施設入居者生活介護)
有料老人ホーム入門⑦(住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット)
有料老人ホーム入門⑧(介護付有料老人ホームのメリット・デメリット)
有料老人ホーム入門⑨(入居一時金と償却について)
有料老人ホーム入門⑩(パンフレットの見方のポイント・注意点)
有料老人ホーム入門⑪(体験入居について)
有料老人ホーム入門⑫(入居条件について)
有料老人ホーム入門⑬(高級なホームVS入居一時金ゼロのホーム
有料老人ホーム入門⑭(有料老人ホームのショートステイ)
有料老人ホーム入門⑮(ホームが倒産した場合の保全措置)
有料老人ホーム入門⑯(有料老人ホームと特別養護老人ホームの違い)
有料老人ホーム入門⑰(有料老人ホームと医療行為・看護体制)
有料老人ホーム入門⑱(有料老人ホームの入居までの流れ)

~そのたの記事~
有料老人ホーム入門(まとめ)
サービス付き高齢者向け住宅入門(まとめ)
ぷちコラム③高齢者の胃ろうについて考える
ぷちコラム⑥映画「和ちゃんとオレ」から息子介護について考える
ぷちコラム⑦有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅等の選び方・ポイント
ぷちコラム⑨シニア・高齢者の一般賃貸住宅事情(なぜ簡単に借りれないか)
有料老人ホームMAP(東京都)
有料老人ホームMAP(神奈川県)
有料老人ホームMAP(埼玉県)
有料老人ホームMAP(千葉県)
ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
ぷちコラム② 高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ”

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner