blog1

ぷちコラム⑪有料老人ホーム等の「紹介センター」の実情と「良い紹介センター」の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~ぷちコラム⑩ナイナイアンサーSP感想「ノブコブ吉村親子の“終の住処”を探す」

本日は私どもの業界、すなわち有料老人ホーム等の「紹介センター」の実情と「良い紹介センター」の選び方について書かせて頂きます。

■紹介センターの集まりがありました
本日(2014/5/23)介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームを広く展開している長谷川介護サービスさん主催の紹介会社向けのセミナーと懇親会がありました。どのくらいの会社が参加するのかと思っていたところ、約50社、100名の参加ということで、その数の多さに驚きました。専業としてやっているところもあれば、不動産会社等が新規事業として行っているところまで様々でした。これだけ多くの紹介センターがあるので、住まいを探す前に、今後は良い紹介センターを探さなければいけない時代になってくるのかと思います。
0523

■紹介センターとは
【紹介センターの役割】
紹介センターの役割は、入居者の方の希望にあった有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、その他の高齢者の住まいを探す手助けをすることです。高齢者の住まいと言っても、種類も数も多く、多種多様なホームや住宅が存在します。したがって介護の専門家であるケアマネジャーや病院の退院支援をされているソーシャルワーカーでは、近隣のエリアだけだけでも日に日に増えていくなか、それ以上の把握をすることが難しいものです。そこで専門の紹介会社が必要になるわけです。

【紹介センターの仕組み】
ほとんどの紹介センターは、相談・仲介手数料等がすべてが無料で利用者の方は利用できます。なぜ無料で相談が可能かというと、紹介して入居して頂いた際に、紹介会社は施設のほうから手数料をもらうようになっているからです。

【紹介センターの営業方法は主に2つ】
紹介センターの営業の方法としてスタンダードなのは、病院の退院支援をされているMSW(メディカルソーシャルワーカー)や居宅事務所のケアマネジャー、地域包括支援センターに営業に行き、パンフレット等を配って有料老人ホーム等を探されている方を紹介してもらうという方法です。
もう一方はWebを中心とした集客です。物件を検索できるようなサイトで条件で施設を検索できるようにし、そこでご相談を受けるというスタイルです。

【そもそも紹介センターは使った方が良いか】
いまはネット色々と探せるため紹介センターを利用しなくても良いのでは思っている方も多いと思います。しかし、細かい条件や、好みのポイントを絞り込んで探すことはとても大変なことです。(細かい情報までネットに載っていないことも多いです)施設数が多すぎて疲れてしまう方も多く、自身で探したけどわからなくなってしまったということでご相談を頂くケースよくもあります。
また、ホームの見学もはじめてで何を聞いて良いかわからなかったり、どこがポイントなのかということも、一緒に相談員に同行してもらうと安心です。あらかじ入居者の方のお話をうかがっているので、質問の漏れがないようにフォローもしてもらえますし、聞きにくいことも聞いてもらえます。紹介センターは、単に条件に応じて探してもらうことだけなく、見学の同行もしてもらますし、施設の評判など聞くことができるので、利用した方良いと思います。(無料で負担もないので)

■紹介センターの実情
以前ご相談頂いた方からは、ある紹介センターの対応が悪かったということを伺ったことがあります。紹介センターの数も増えてきて、紹介センターによって対応がまちまちのところあります。例えば、単にパンフレットを送るだけで、見学の同行をしない紹介センターなどもあります。病院や区役所の高齢福祉課などでは、いくつかの紹介センターのパンフレットを渡され、好きなところに相談してくださいというケースもあり、どの紹介センターに聞いて良いかわからないということも出てきています。

■良い紹介センターの選び方
どこの紹介センターも病院などへの営業に当然力を入れていますが、それ以上に紹介センターは紹介する施設のことをどれだけわかっているかが大事だと私は考えています。私は時間があれば有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に1人で見学に行き施設長さんなどにしっかり話を聞かせて頂きます。紹介させて頂く施設は自分の目で見た施設を紹介できるようにしたいからです。
相談員の方が施設を提案してきた場合に、そこに行ったことがありますかとか、どういう施設ですかということを相談員の方に聞くことである程度の判断の目安にもなるかもしれません。

■良い紹介センターのポイント

①見学には必ず同行してくれる。
②相談員が紹介する施設(会社)のことをよく知っている。
③予算だけでなく、性格や入居者の望みを考慮して提案してくれる(事前によく話を聞く)。
④入居を急かさない。


■余談!関西と関東では事情が違う!?
余談ですが、本日関西で幅広く有料老人ホームを展開している運営会社さんの担当者の方と話をしたのですが、関西では紹介センターを使っていないが、関東進出にあたり紹介センター利用して集客をしたいそうです。そのご担当の方いわく、関東ではある程度紹介センターというものが確立されていているので、利用したいということでした。

(最後にちょっと持論を)
上記で説明したとおり、紹介センターは無料で利用できる仕組みになっていますが、私は少なくてもいいので利用者から相談料を貰うべきなのではないかと考えています。対価が発生することで相談する方も本気になりますし、正当な対価を支払って相談を受ける方が利用者も安心できると思います。
以前に、朝から夕方までご家族全員見えられた方の見学に同行をさせて頂いた際、「色々適切なアドバイスも頂けたし、代わりにたくさん質問もして頂いて大変助かったので、無料は申し訳ない」手間賃を払わせて欲しいと言われたことがありました。
入居相談員も「終の住処」を探すプロとしてプライドを持ってサービスに当たるためにも必要ではないでしょうか。

ご不明点や詳細については、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ) 03‐5201‐3645)

次回はぷちコラム⑫介護離職を考える~年間10万人!?介護休業制度・高齢者住宅の活用~です。

<高齢者施設の種類>
介護保険3施設公的な低額施設・住宅民間運営施設
特別養護老人ホーム養護老人ホームグループホーム
介護老人保健施設軽費老人ホーム(A型・B型)有料老人ホーム
介護療養型医療施設都市型軽費老人ホームサービス付き高齢者向け住宅
ケアハウス東京シニア円滑入居賃貸住宅
シルバーハウジング地域優良賃貸住宅
シニア向けマンション(分譲)

有料老人ホーム入門
有料老人ホーム入門①(概要)
有料老人ホーム入門②(契約方式・利用料の支払方式)
有料老人ホーム入門③(重要事項説明書)
有料老人ホーム入門④(人員体制・職員配置)
有料老人ホーム入門⑤(住所地特例について)
有料老人ホーム入門⑥(特定施設入居者生活介護)
有料老人ホーム入門⑦(住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット)
有料老人ホーム入門⑧(介護付有料老人ホームのメリット・デメリット)
有料老人ホーム入門⑨(入居一時金と償却について)
有料老人ホーム入門⑩(パンフレットの見方のポイント・注意点)
有料老人ホーム入門⑪(体験入居について)
有料老人ホーム入門⑫(入居条件について)
有料老人ホーム入門⑬(高級なホームVS入居一時金ゼロのホーム
有料老人ホーム入門⑭(有料老人ホームのショートステイ)
有料老人ホーム入門⑮(ホームが倒産した場合の保全措置)
有料老人ホーム入門⑯(有料老人ホームと特別養護老人ホームの違い)
有料老人ホーム入門⑰(有料老人ホームと医療行為・看護体制)
有料老人ホーム入門⑱(有料老人ホームの入居までの流れ)
有料老人ホーム入門⑲(介護付有料老人ホームとリハビリテーション)
有料老人ホーム入門(20)(有料老人ホームと相続問題~入居一時金・小規模宅地~)


■サ高住入門
**************************************************
①概要
②現状の数と将来推移
③サービスとは?
④サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い
⑤メリット・デメリット
⑥ご夫婦部屋について
⑦入居条件
⑧食事について
⑨併設施設
⑩地域と月額料金
⑪退去要因
⑫サービス付き高齢者向け住宅と医療行為
⑬契約関連その①
⑭契約関連その②
⑮安否確認
⑯サ高住と認知症
⑰サ高住と在宅療養支援診療所
⑱東京都における独自ルール
⑲お酒とタバコ
⑳よくあるクレーム
(21)サ高住とペット
(22)サ高住と特養の入所待ち
(23)サ高住の運営会社の業種について
(24)(サ高住の特定施設とは)
(25)実態調査①入居率・入居者像・入居動機
(26)実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容
(27)評価サイト・ランクサイト等について
(28)サ高住と小規模多機能型居宅介護
(29)サ高住と高円賃・高専賃・高優賃
(30)実態調査③ 医療関連
(31)サ高住と定期巡回・随時対応型訪問介護看護
(32 )入居の準備-必要な手続き・必要なもの-
(33 )サ高住と訪問介護
(34)サ高住の探し方
(35)サ高住は終の棲家になり得るか
(36)サ高住の増加理由[補助金・税制優遇・土地活用]
(37)サ高住に入居するまでの流れ
(38)動画で見るサ高住
(39)サ高住のよくある質問・相談【厳選32】
(40)サ高住の費用はいくらくらいか(初期費用・月額費用)
**************************************************

~関連記事~
ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
ぷちコラム② 高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ”
ぷちコラム③高齢者の胃ろうについて考える
ぷちコラム④高齢者住宅・施設入居にあたっての準備(荷物整理処分・断捨離)
ぷちコラム⑥映画「和ちゃんとオレ」から息子介護について考える
ぷちコラム⑦有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅等の選び方・ポイント
ぷちコラム⑧診療報酬改定(在総管の大幅減額)で変わるサ高住・有料老人ホームの医療体制
ぷちコラム⑨シニア・高齢者の一般賃貸住宅事情(なぜ簡単に借りれないか)


■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner