blog1

高齢者住宅・施設の解説②介護老人保健施設(老健)

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者施設についてというページで各高齢者住宅・施設の解説をしていますが、説明不足の点もありますので、ひとつひとつ詳細を解説したいと思います。

■高齢者施設・住宅
高齢者施設・住宅というと、多くの方が特別養護老人ホームと、有料老人ホームを思い浮かべると思います。しかし実際には、下記の表の通り多くの種類があります。今回はその中でも『介護老人保健施設(ろうけん)』について詳しく解説します。

介護保険3施設公的な低額施設・住宅民間運営施設
特別養護老人ホーム養護老人ホームグループホーム
介護老人保健施設軽費老人ホーム(A型・B型)有料老人ホーム
介護療養型医療施設都市型軽費老人ホームサービス付き高齢者向け住宅
ケアハウス東京シニア円滑入居賃貸住宅
シルバーハウジング地域優良賃貸住宅
シニア向けマンション(分譲)

介護老人保健施設ホームの解説

■概要
定義介護老人保健施設とは、要介護者に対し施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理下での介護、機能訓練、必要な医療、日常生活上の世話を行う施設です。
基本的な性格要介護高齢者が在宅復帰を目指すリハビリテーション施設
事業主体社会福祉法人・医療法人
施設数(定員)約3,500ヶ所(約32万人)
入居対象者要介護1以上(病状が安定していて入院や治療の必要がない方)
平均在所日数277.6日(厚生労働省調べ平成20年10月)
平均要介護度3.32(厚生労働省調べ平成22年10月)
介護老人保健施設の入所期間は、リハビリをして自宅に戻るための施設のため、原則3ヶ月とされていますが、自宅への復帰が難しい場合は更新することもあり、長期(1年超)に渡る入所が増えています。ちなみに私の祖母も老健に5年入所していました。

■設備面
居室の種類従来型多床室(相部屋)・従来型個室・ユニット型準個室・ユニット型個室
ユニット型面積/1人10.65㎡以上
定員原則個室
従来型面積/1人8㎡以上
定員4人以下
食堂入所定員×2㎡以上
介護老人保健施設は、4人部屋が主流です。特別養護老人ホームと同様、プライバシーを重視したユニットケアを増やそうという取り組みを進めていますが、普及していないのが現状です。

■サービス面
介護サービス介護保険施設
医師※常勤1人以上(100:1以上)
看護職員・介護職員3:1以上
作業療法士(PT)・理学療法士(OT)PT又はOTが100:1以上
機能訓練指導員
生活相談員100:1以上
介護支援専門員常勤1人以上、100:1を標準
※利用者の症状の急変等に備え協力医療機関を定めることとしている。

■医療面
医療面については、介護老人保健施設は病院を退院した人の受け皿としての役割が強いため、特別養護老人ホームと比べても充実しています。したがって、痰の吸引、胃瘻、経管栄養、在宅酸素等の方でも入所が可能です。ですので、老健の位置づけは病院と自宅との中間の役割を言えます。

■月額目安
介護老人保健施設については、比較的低額で入所できるというイメージがあるかと思いますが、それは多床室の場合です。個室の場合は、施設によってまちまちですが、ある程度の費用がかかることになります。

■入居一時金:不要

■介護保険の自己負担目安(1ヶ月)
介護度従来型多床室従来型個室ユニット型準個室・個室
要介護123,580円21,300円23,670円
要介護225,020円22,710円25,080円
要介護326,910円24,600円27,000円
要介護428,500円26,160円28,590円
要介護530,090円27,750円30,180円
※1単位10円換算・1ヶ月30日換算

■月額目安
介護度従来型多床室従来型個室ユニット型準個室・個室
賃料約1万円約3.5万5万円~15万円
食費約4万円~5万円
介護保険料約2万~3万円
合計7万円~9万円9.5万~11.5万円11万~25万円
賃料や食費はホームによって異なる設定を設けています。特別養護老人より、医療面で充実しているため月額利用料は高くなる傾向があります。また上記の他に、理髪代やレクリエーション代、医療費なども掛かります。

■負担軽減措置
高額介護サービス費の支給と同様に、年金などの所得に応じて段階的に負担限度額が設けられています。市区町村に申請し、「介護保険負担限度額認定書」の交付を受けると1ヶ月の負担は以下のようになります。
所得制限の区分についての知恵袋⑦高額介護サービス費支給制度とは”の記事を参照ください。
●居住費と食費の負担限度額(1ヶ月)
介護度従来型多床室従来型個室ユニット型準個室ユニット型個室食費
所得区分10円14,700円14,700円24,600円9,000円
所得区分29,600円14,700円14,700円24,600円11,700円
所得区分39,600円39,300円39,300円39,300円19,500円
所得区分49,600円49,200円49,200円59,100円41,400円
※1ヶ月30日換算
上記下線部のみ特別養護老人との相違点になります。

<申し込み方法等>
老健の情報については、病院のMSW(退院支援担当者)、市町村の介護保険課、地域包括支援センター等で聞きましょう。
入所の申し込みは、施設に直接行って行います。入所までの流れとしては、施設の支援相談員が利用目的・心身の状況・家族の意向等の調査を行います。次に主治医に診断書を作成してもらい、施設での入所判定となります。面接や実態調査、診断書をもとに利用可能かどうかで決められます。

その他、ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

次回は介護療養型医療施設について解説します。

~関連記事・オススメ記事~
サービス付き高齢者向け住宅入門(35)(サ高住は終の棲家になり得るか)
サービス付き高齢者向け住宅入門(22)(サ高住と特養の入所待ち)
介護保険のしくみVol.7(介護保険の単位と地域単価)
有料老人ホーム入門⑬(高級なホームVS入居一時金ゼロのホーム)

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner