blog1

ゼロから始める相続税入門(36)経営者が抱える事業承継とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~ゼロから始める相続税入門(35)非上場株式の評価④『純資産価額方式』

<事業承継>
●事業承継とは
事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことです。中小企業にとっては、経営者の経営能力が存立基盤そのものになっていることが多く、その経営者が「誰を」後継者にするかが重要になってきます。

●誰を後継者にするか
一般的に、「誰を」後継者にするかは、3つ考えられます。

  • 親族を後継者にする
  • 従業員を後継者にする
  • M&Aにより承継する

  • ※M&Aと英語の mergers and acquisitionsの略であり企業の合併や買収の総称です。

    ●後継者の傾向
    実際のところ子供を後継者となることが多いです。しかしながら、子供の希望や経営者としての適性を十分考慮して後継者を決定することが望ましいです。20年以上前はほとんどだった親族内の承継は、近年では減ってきており、従業員やM&Aによる承継が増えてきています。

    ●実際に何を承継するか
    事業承継は、現経営者から後継者へ、企業が培ってきた様々な財産を引き継ぐことです。事業承継では、「ヒト」「資産」にわけられます。

    「ヒト」の承継は、事業を継続するために必要な業務知識や経験、人脈、リーダーシップなどの経営ノウハウに加え、現経営者の経営に対する想いや信条、価値観などに基づいた経営理念という無形の財産です。

    「資産」の承継は、経営権を確保するために株式を移転が生じるので、タイミングや対策が非常に重要であり、対策をするかしないかで税金が大きく変わります。また多くの中小企業では、経営者の個人資産が投入されていることが多く、経営者による大半の自社株式所有や土地などの個人資産を事業に供しているなど、企業の所有権と経営権の分離が困難なケースが多くあります。

    ●事業承継はどのくらいかかる?
    事業を引き継ぐ際には「取引先や金融機関との関係を維持する」などで苦労されるケースは多く、引き継ぎ期間として5~10年必要と考える経営者は多いようです。

    <事業承継で準備すること>
    <経営者が整理すること>
    ●保有している自社株式
    株が分散している場合は、自己の持分を後継者に引き継いでも、経営権の譲渡にならない可能性があるため、きちんと把握しておく必要があります。

    ●個人資産の評価額
    個人資産の評価は、帳簿価額ではなく、時価ベースになるため、必要であれば専門家に財産評価を事前に依頼した方が良いでしょう。

    ●個人名義の負債
    金融機関からの借り入れだけでなく、個人の借入の保証人なども明らかにしておきましょう。

    ●引退年齢と引退後の人生設計
    引退する年齢を決めないとその後に必要な資金確保の目標が設定できません。

    <会社について整理すること>
    ●従業員の構成等
    会社にとって重要なポストの方については、残ってサポートしてもらうかどうか方向性だけでも決めておく必要があります。

    ●事業用資産の評価額
    個人と同様時価ベースでの評価額を把握しておくべきです。

    ●負債の状況
    金融機関との関係は、事業承継における大きな課題です。

    ●将来のキャッシュフロー
    役員退職金や株が分散している場合の買取資金など、将来どれだけの資金が必要かなどをしっかりと検討しておく必要があります。

    ●自社の競争力や将来性
    先代の成功分野やずっと続くとも限りません。承継にあたり、自社の競争力などをしっかりと分析する必要があります。

    気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
    (担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

    <関連記事一覧>

    相続入門
    ゼロから始める相続税入門(1)相続と相続税
    ゼロから始める相続税入門(2)相続発生後の流れ(実際の手続きと期限)
    ゼロから始める相続税入門(3)相続人は誰がなるか
    ゼロから始める相続税入門(4)単純承認・相続放棄・限定承認
    ゼロから始める相続税入門(5)遺産をどのように分けるか(指定分割と協議分割)
    ゼロから始める相続税入門(6)遺産分割協議書の作成
    ゼロから始める相続税入門(7)相続はいつ誰に相談するか?
    ゼロから始める相続税入門(8)相続財産の名義変更・登記、相続税の申告・納付
    ゼロから始める相続税入門(9)相続税がかかるかどうかを基礎控除で確認
    ゼロから始める相続税入門(10)金融資産の評価額を調べる
    ゼロから始める相続税入門(11)自宅の評価はどうするか?
    ゼロから始める相続税入門(12)自宅以外の不動産の評価額
    ゼロから始める相続税入門(13)みなし相続財産・その他の財産の評価方法
    ゼロから始める相続税入門(14)相続税の計算方法(相続税総額と各人の納税額の算定)
    ゼロから始める相続税入門(15)相続○○士・カウンセラーなどの相続と名がつく民間資格
    ゼロから始める相続税入門(16)小規模宅地等の特例とは(自宅の土地は80%減に)
    ゼロから始める相続税入門(17)相続税の納付と延納・物納
    ゼロから始める相続税入門(18)小規模宅地等の特例とサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
    ゼロから始める相続税入門(19)路線価について
    ゼロから始める相続税入門(20)相続財産リストを作ろう
    ゼロから始める相続税入門(21)相続税対策①(争続対策)
    ゼロから始める相続税入門(22)相続税対策②(節税対策)
    ゼロから始める相続税入門(23)相続税対策③(納税対策)
    ゼロから始める相続税入門(24)生前贈与の活用①(暦年課税と住宅資金の贈与の特例)
    ゼロから始める相続税入門(25)生前贈与の活用②(贈与税の配偶者控除)
    ゼロから始める相続税入門(26)生前贈与の活用③(相続時精算課税制度)

    遺言入門
    遺言入門①(なぜ遺言が必要なのか?)
    遺言入門②(遺言が必要な場合の具体例)
    遺言入門③(遺言とはどのようなものか)
    遺言入門④(遺言の種類・方式)
    遺言入門⑤(公正証書遺言の作り方)
    遺言入門⑥(遺言の執行とは)
    遺言入門⑦(遺言と遺留分)
    遺言入門⑧(遺言の撤回・変更について)
    遺言入門⑨(自筆証書遺言の作り方)
    遺言入門⑩(秘密証書遺言の作り方)
    高齢者と税金
    高齢者と税金Vol.1(年金受給者の確定申告不要制度)
    高齢者と税金Vol.2(年金等に係る所得税の税額計算)
    高齢者と税金Vol.3(高齢者を扶養している人が受けられる特例)
    高齢者と税金Vol.4(寝たきり・要介護の高齢者と障害者控除)
    高齢者と税金Vol.5(介護費用・高齢者施設と医療費控除)
    高齢者と税金Vol.6(保険金と課税関係)
    高齢者と税金Vol.7(孫への教育資金が非課税になる贈与税の新制度)
    高齢者と税金Vol.8(バリアフリー改修工事の税制優遇【所得税編】)
    高齢者と税金Vol.9(バリアフリー改修工事の税制優遇【固定資産税編】)
    高齢者と税金Vol.10(NISA(少額投資非課税制度)とは?)
    高齢者と税金Vol.11(ふるさと納税のススメ)
    有料老人ホーム入門(20)(有料老人ホームと相続問題~入居一時金・小規模宅地~)

    成年後見制度入門
    成年後見制度入門①(成年後見制度とは)
    成年後見制度入門②(法定後見制度の利用までの流れ)
    成年後見制度入門③(任意後見制度とは)
    成年後見制度入門④(成年後見制度と日常生活自立支援事業との違い)
    成年後見制度入門⑤(任意後見人の職務)

    ~関連記事~
    サービス付き高齢者向け住宅入門(まとめ)
    高齢者向け住宅・施設における見学時のポイント(設備編)
    高齢者向け住宅・施設における見学時のポイント(サービス編)
    サービス付き高齢者向け住宅MAP(東京都)
    サービス付き高齢者向け住宅MAP(神奈川県)
    サービス付き高齢者向け住宅MAP(埼玉県)
    サービス付き高齢者向け住宅MAP(千葉県)
    ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
    ぷちコラム②高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ
    ぷちコラム③高齢者の胃ろうについて考える

    ■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

    ✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
    実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
    ✔低価格帯の施設もご用意
    生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
    ✔24時間医療対応の施設
    胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
    ✔認知症の方も安心
    認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
    ✔自立の方向けの施設
    自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
    ✔ご夫婦での入居
    ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

    メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム
    お気軽にご相談ください!

    コメントを残す



    CAPTCHA



    ご相談フォームのボタン等
    ご相談フォームはこちら
    お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
    メール受付
    高齢者住まいアドバイザー
    2018年3月24日(土)
    第3回検定実施
    詳細
    2017年1月27日(金)発売!

    2016年2月12日(金)発売!
    高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
    著者:満田将太 他
    内容詳細


    2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
    編著:イノウ 監修:満田将太
    監修させて頂きました。
    • むすびの家

    • banner