blog1

介護保険のしくみVol.51(地域ケア会議の位置づけとは)

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、地域包括ケア実現のために重要な位置づけである地域ケア会議について解説いたします。

■地域ケア会議とは
●地域ケア会議の概要
地域ケア会議とは、地域包括ケア実現のため、地域の実情にそって、地域資源をどのように構築していくべきか、課題を的確に把握し、解決していく手段を導き出すための会議です。具体的には、多職種で話し合う場を設け、問題解決にあたるものです。(地域包括支援センターで開催)

地域ケア会議は、いままでも地域支援事業の一環として行われてきましたが、市区町村によっては、定期的に実施されていなかったり、実施されていても、単なる検討会で終わり、『地域資源の開発』というところまで至らないケースがありました。そこで、介護保険法によって、地域包括ケアを位置づける(努力義務)ことになりました。(法115条の48 2015年4月1日施行)

●地域ケア会議の流れ
地域ケア会議の流れは、ケアマネジメントを進める上で、個別事例のなかから、地域全体での課題解決が必要なものを取り上げます。実際には、居宅介護支援を担うケアマネジャーから管轄の地域包括支援センターに対して、現場でのケースを用いて事例提供を行います。
地域包括支援センターでは、この事例を課題として、ケアマネジャーを事例発表者とし、多職種によって支援内容を検討していきます。

●参加職種
参加職種は、包括職員、介護支援専門員、自治体職員(介護保険担当、地域福祉課、障害福祉課等)、介護事業者、医師、看護師、リハビリ職、社会福祉士などです。このような専門職に加え、民生員、自治会の代表者などの住民代表の参加も望ましいです。

●望むべきこと
多業種が一度に集まることで、ケアマネジメントの支援のみならず、そこから浮かんでくる地域課題の把握に繋がり、それを解決するためにはどのような地域資源が必要なのかが検討されることを期待しています。

地域ケア介護 出典:厚生労働省資料

■実例
厚生労働省のまとめた以下の地域包括ケアの実現に向けた地域包括会議実践事例集~地域の特色を活かした実践のために~で実例が詳しく掲載されています。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link3-0-01.pdf

事例集、東京都 国分寺市、山梨県 南アルプス市 、岩手県 宮古市、兵庫県 朝来市、宮城県 女川町、千葉県 千葉市(若葉区)、青森県 青森市 、鹿児島県 霧島市、奈良県 生駒市、大分県 豊後高田市の事例について詳しく解説されています。

<一部抜粋(国分寺市の例)>詳しくはPDF資料のP31~

市町村概要
特 徴
地域課題
東京都国分寺市(⇒P31)
人口:118,616人
面積:11.48km2
高齢化率:20.6%
日常生活圏域数:1
圏域地域包括支援センター設置数:直営1、委託6
□基幹的機能を有する地域包括支援センターのバックアップを元に展開する、段階的な地域ケア会議を開催
□高齢者独居世帯の増加
□複合的なニーズを抱え、多機関、多部署との連携が必要なケースが増加している
□坂道が多く、高齢者が外出するのに困難

効果的な取り組み
運営上の課題
□段階的な整備
・基幹型地域包括支援センターの設置
・在宅介護支援センターや地域包括支援センターは直営から整備し、その後委託を設置
・地域ケア会議も同じく、はじめは直営地域包括支援センターが主導して整備
・その段階に併せレベル別の地域ケア会議を構築
□地域ケア会議を構築するにあたって
・地域ケア会議再編に向けた関係者により1年かけて協議。レベルごとのつながりを意識した地域ケア会議をイメージ
・地域ケア会議の構成図を作成(周知等に活用)
・目的別に専門部会を設置
□効果的な運営を目指した取り組み
・保険者と地域包括支援センターでの情報共有
・会議冒頭での趣旨説明
・参加者の人数や性質に合わせ会議形式を選択
□保険者によるバックアップ体制
□活動基盤のボトムアップとしての地域包括支援センター職員の育成
□個別から地域課題へと繋がっていく意識付けが充分でない
□地域のボランティア等の活動が把握しきれていない
□個別の積み重ねから地域課題を抽出する方法に共通の整備がされていない
□政策形成機能を担う場がまだ整備されていない




ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

■介護保険関連の記事

記事一覧-介護保険
介護保険のしくみ(まとめ)
介護保険のしくみVol.1(概要)
介護保険のしくみVol.2(介護保険申請から要介護認定までの流れ
介護保険のしくみVol.3(要支援・要介護のめやすと支給限度額について)
介護保険のしくみVol.4(被保険者の保険料について)
介護保険のしくみVol.5(介護保険料の滞納について)
介護保険のしくみVol.6(上乗せサービス・横出しサービスとは)
介護保険のしくみVol.7(介護保険の単位と地域単価)
介護保険のしくみVol.8(介護サービスの種類)
介護保険のしくみVol.31(要介護・要支援のサービスの違い)
介護保険のしくみVol.32(支給限度額でどのくらいのサービスを利用できるか)
介護保険のしくみVol.33(介護費用の加算・減算とは)
介護保険のしくみVol.34(ケアマネジャー【介護支援専門員】の役割とは)
介護保険のしくみVol.35(介護保険以外のサービスを検討する)
介護保険のしくみVol.36(お手盛り介護の現状について)
介護保険のしくみVol.37(お泊りデイサービス解説と実情)
介護保険のしくみVol.38(地域包括ケアシステムの仕組みと実現)
介護保険のしくみVol.39(便利な福祉のポータルサイト『WAM NET(ワムネット)』とは)
介護保険のしくみVol.40(介護保険と医療保険による訪問看護の違い)
介護保険のしくみVol.41(運営が社会福祉法人の場合介護費用が1/4軽減される!?)

■介護サービス
介護サービスの詳細は以下の各ページを参照下さい。☆がついているサービスは定額料金で利用できるサービスです
居宅サービス 地域密着サービス 施設サービス
訪問介護 定期巡回・随時対応型訪問介護 介護老人福祉施設(特養)
訪問入浴介護 夜間対応型訪問介護 介護老人保健施設
訪問看護 認知症対応型通所介護 介護療養型医療施設
訪問リハビリテーション 小規模多機能型居宅介護 居宅介護支援
居宅療養管理指導 複合型サービス 住宅の改修
通所介護 認知症対応型共同生活介護 福祉用具の購入
通所リバビリテーション 地域密着型特定施設入居者生活介護
短期入所生活介護 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
短期入所療養介護
福祉用具貸与
特定施設入居者生活介護

■高齢者施設の解説
介護保険3施設公的な低額施設・住宅民間運営施設
特別養護老人ホーム養護老人ホームグループホーム
介護老人保健施設軽費老人ホーム(A型・B型)有料老人ホーム
介護療養型医療施設都市型軽費老人ホームサービス付き高齢者向け住宅
ケアハウス東京シニア円滑入居賃貸住宅
シルバーハウジング地域優良賃貸住宅
シニア向けマンション(分譲)

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2017年9月9日(土)
第2回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner