blog1

介護保険のしくみVol.34(ケアマネジャー【介護支援専門員】の役割とは)

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~介護保険のしくみVol.33(介護費用の加算・減算とは)

■ケアマネジャー(介護支援専門員)とは
ケアマネジャーの正式名称は介護支援専門員と言います。通称はケアマネです。
ケアマネジャーは、ケアプランを作成し、適切な介護サービス事業者を紹介し、希望するサービスや利用日の調整などを行う者です。
ケアプラン作成のため、本人や家族からいまの心身の状況や暮らしの様子、困り事や不安を聞きどのような生活を送りたいかを聞いてくれます。そしてどのように工夫すれば自立した生活ができるのかを一緒に考えてくれます。

■資格の取得方法
ケアマネジャーになるには、都道府県の実施する試験に合格し、研修を受け、レポートを提出する必要があります。受験資格として法定資格(社会福祉士、介護福祉士、看護師、作業療法士、理学療法士、栄養士、医師等)で5年以上の実務経験、またはホームペルパー2級課程修了、介護職員初任者研修課程修了で5年以上の実務経験が必要です。

■主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)とは
主任ケアマネジャーとは、介護支援専門員の業務について十分な知識・経験をもつ介護支援専門員で、ケアマネージメントを適切かつ円滑に提供するために必要な知識・技術を修得した者です。
原則として介護支援専門員の実務経験が5年以上あり、所定の専門研修課程を修了した者です。地域包括支援センターには、主任介護支援専門員の配置が義務付けられています。また、前回の加算のところで説明させて頂きました居宅介護支援費に関する特定事業所加算を取得する事業所にあっては、常勤かつ専従の介護支援専門員とは別に主任介護支援専門員を配置しなければならないとされています。

■ケアマネジャーの役割

①介護についての相談相手本人や家族と面談し、どんな困り事があるかよく聞いて適切なアドバイスを行う。
②ケアプランの作成必要な介護サービスを組立て、ケアプランを作成します。
③介護サービスの調整適切な介護サービス事業者を紹介し、本人と事業者の間にたち調整をします。
④本人の代弁本人や家族に代わり、お医者さんやサービス事業者に介護の質をあげるための要望を伝えます。

■ケアマネジャーの仕事の流れ
ステップ①面談(インテーク)
利用者から依頼を受けた後、本人、ご家族と面談を行います。本人とケアマネの信頼関係を築くための大切なステップです。
ステップ②アセスメント(査定)
主治医のほかに、利用者がすでに介護サービスを利用している場合はその事業者から必要な情報を入手します。そのうえで利用者との面談に臨み、課題はなにかを把握します。
ステップ③ケアプランの作成
アセスメントをもとに、課題分析や目標設定、目標達成のための具体的な支援の設定を行い、サービス計画の原案を作成します。この原案を利用者に見せ、なぜこのような原案を作成したかを説明し、利用者の了承を得ます。
ステップ④サービス調整・サービス担当者会議
利用者の意向を尊重しつ、実際の支援を行うサービス事業者を選定し、連絡・調整を行います。事業者が決定したらサービス担当者会議を開き、利用者の意向や課題をチームで確認し、各現場と利用者の意見を集約します。
ステップ⑤利用者の同意を得る(確定プランの交付)
サービス担当者会議を経て、ケアプランを完成させたら、最終的な利用者の同意を得ます。サービス事業者との契約や重要事項説明は、文書を使って説明し利用者側からの疑問点等に耳を傾けてその都度対処します。
ステップ⑥モニタリング
サービス開始後は定期的にモニタリングを行います。最低月に1回のモニタリング訪問が必要ですが、状態の変化や必要に応じてのケアプランの更新を行います。

■ケアマネジャーの探し方
ケアマネジャーを探す場合は、まずは市区町村の介護保険課や地域包括支援センターへ行き、ケアマネジャーのリストをもらいます。ケアマネジャーは居宅介護支援事業所や介護サービス提供事業者、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設などに所属しています。リストをもとに電話をし状況を説明し合うケアマネジャーを探します。

■ケアマネジャーの担当できる人数
要介護はひとり35件です。要支援・要介護の合計の場合は上限39件です。

ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

次回は介護保険のしくみVol.35(介護保険以外のサービスを検討する)です。

■介護保険関連の記事
介護保険のしくみ(まとめ)
介護保険のしくみVol.1(概要)
介護保険のしくみVol.2(介護保険申請から要介護認定までの流れ
介護保険のしくみVol.3(要支援・要介護のめやすと支給限度額について)
介護保険のしくみVol.4(被保険者の保険料について)
介護保険のしくみVol.5(介護保険料の滞納について)
介護保険のしくみVol.6(上乗せサービス・横出しサービスとは)
介護保険のしくみVol.7(介護保険の単位と地域単価)
介護保険のしくみVol.8(介護サービスの種類)
介護保険のしくみVol.31(要介護・要支援のサービスの違い)
介護保険のしくみVol.32(支給限度額でどのくらいのサービスを利用できるか)
介護保険のしくみVol.33(介護費用の加算・減算とは)

■介護サービスの種類
介護サービスの詳細は以下の各ページを参照下さい。☆がついているサービスは定額料金で利用できるサービスです
居宅サービス 地域密着サービス 施設サービス
訪問介護 定期巡回・随時対応型訪問介護 介護老人福祉施設(特養)
訪問入浴介護 夜間対応型訪問介護 介護老人保健施設
訪問看護 認知症対応型通所介護 介護療養型医療施設
訪問リハビリテーション 小規模多機能型居宅介護 居宅介護支援
居宅療養管理指導 複合型サービス 住宅の改修
通所介護 認知症対応型共同生活介護 福祉用具の購入
通所リバビリテーション 地域密着型特定施設入居者生活介護
短期入所生活介護 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
短期入所療養介護
福祉用具貸与
特定施設入居者生活介護

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner