blog1

介護保険のしくみVol.16(居宅サービス⑦通所リハビリテーション(デイケア))

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~介護保険のしくみVol.15(居宅サービス⑥通所介護(デイサービス))

介護サービスの種類のうち、本日は居宅サービスの中の通所リハビリテーション(デイケア)について解説させて頂きます。

<介護サービス一覧>

居宅サービス地域密着サービス施設サービス
訪問介護定期巡回・随時対応型訪問介護介護老人福祉施設(特養)
訪問入浴介護夜間対応型訪問介護介護老人保健施設
訪問看護認知症対応型通所介護介護療養型医療施設
訪問リハビリテーション小規模多機能型居宅介護居宅介護支援
居宅療養管理指導複合型サービス 住宅の改修
通所介護認知症対応型共同生活介護 福祉用具の購入
通所リバビリテーション地域密着型特定施設入居者生活介護
短期入所生活介護地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
短期入所療養介護
福祉用具貸与
特定施設入居者生活介護

<通所介護リハビリテーションとは>
通所介護リハビリテーションとは、『デイケア』とも呼ばれ、理学療法士などの専門家や医師が配置された施設に通い、主にリハビリテーションを行うサービスです。リハビリテーションの他、食事や入浴などの日常生活に関するケアも受けられます。また、『個別リハビリテーション』といったひとりひとりの状態に合わせたリハビリや、病院や老健から退院後1ヶ月に行う『短期集中リハビリテーション』などのサービスを利用することもできます。医師の指示のもと、必要な機器のもとできめ細やかなリハビリを受けることができます。

<リハビリテーションを行う専門家とサービスの種類>
■理学療法士(PT)
立つ、歩くなど、日常生活に必要な基本動作の回復を図ります。
①寝返りをうつ、立つ、歩くなど、体を動かす訓練をします。
②マッサージや温熱療法を行います。
③利用者の状況にあった住宅改修アドバイスをします。

■作業療法士(OT)
身体の応用的な動作能力や社会適応能力(料理や掃除など)の回復を図ります。
①生活に必要な作業能力の回復させるための工作や手作業を行います。

■言語聴覚士(ST)
言葉によるコミュニケーション能力や摂食・嚥下障害の回復を図ります。
①発声・発語などの訓練を行います。
②飲み込む機能を改善するための訓練を行います。

<自己負担目安>

介護保険の1割の自己負担の目安は以下の通りです。(1単位=10円換算)
参考:介護保険のしくみVol.7(介護保険の単位と地域単価)

通常規模※要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5
病院・診療所・介護老人保健施設1~2時間未満270円300円330円360円390円
2~3時間未満284円340円397円453円509円
3~4時間未満386円463円540円617円694円
4~6時間未満502円610円717円824円931円
6~8時間未満671円821円970円1,121円1,271円
※通常規模のケース…1ヵ月当たりの平均利用延人員数が750人以内
食費などは、全額自己負担となり、運営会社によって異なります。

●その他加算
加算自己負担
入浴介助50円/1日
個別リハビリテーション80円/1日
短期集中リハビリテーション120円/1日
(退院又は要介護認定より1ヶ月以内)
60円/1日
(退院又は要介護認定より1ヶ月超3ヶ月以内)
栄養改善150円/1回(月2回まで)
口腔機能向上150円/1回(月2回まで)
リハビリテーションマネジメント※230/1ヶ月
※個別リハビリテーション計画の作成

●重度療養管理加算
自己負担:100/1日
要件:1時間以上2時間未満かつ、要介護4、5、かつ、別に厚生労働大臣が定める状態の者に対する医学的管理下における通所リハビリテーションの実施

<リハビリテーションを受けることができる介護サービス>
通所介護
通所介護でも、リハビリテーションに力を入れている施設もあります。生活面でのケアを受けながら、個別にリハビリテーションを行えます。最長9時間利用でき、通所リハビリテーションにくらべて利用料金が低額です。

■通所リハビリテーション
機能訓練に必要な設備、機器が整っていますし、リハビリテーションの専門家、医師も配置されています。短期集中リハビリテーションや個別リハビリテーションなど、きめ細やかなサービスを受けることができます。

訪問リハビリテーション
住み慣れた自宅で、日常生活に即した訓練を受けることができるのが特徴です。

訪問看護
住環境などに合わせて、訓練を優先的に行うことができます。

■医療機関への通院リハビリテーション
こちらは、医療保険の適用となります。

<選び方のポイント>
主治医に相談して、利用者に必要なリハビリテーションの種類や方法を把握する必要があります。また、利用回数や利用方法を検討し、料金の概算をしてみましょう。


<まとめ>
通所リハビリテーションは、施設によって、リハビリテーションの内容や質にばらつきがあります。利用者に必要な機能訓練内容をきちんと把握し、適切なサービス提供してくれる事業者を選ぶようにしましょう。


ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ)03-5201-3645)

次回は介護保険のしくみVol.17(居宅サービス⑧短期入所生活介護(ショートステイ))です。

介護保険関連の記事
介護保険のしくみ(まとめ)
介護保険のしくみVol.1(概要)
介護保険のしくみVol.2(介護保険申請から要介護認定までの流れ
介護保険のしくみVol.3(要支援・要介護のめやすと支給限度額について)
介護保険のしくみVol.4(被保険者の保険料について)
介護保険のしくみVol.5(介護保険料の滞納について)
介護保険のしくみVol.6(上乗せサービス・横出しサービスとは)
介護保険のしくみVol.7(介護保険の単位と地域単価)
介護保険のしくみVol.8(介護サービスの種類)
介護保険のしくみVol.9(居宅介護支援サービス)
介護保険のしくみVol.10(居宅サービス①訪問介護)
介護保険のしくみVol.11(居宅サービス②訪問入浴介護)
介護保険のしくみVol.12(居宅サービス③訪問看護)
介護保険のしくみVol.13(居宅サービス④訪問リハビリテーション)
介護保険のしくみVol.14(居宅サービス⑤居宅療養管理指導)

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
2017年1月27日(金)発売!
高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト
著者:高齢者住まいアドバイザー協会(満田将太)

内容詳細
2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他

内容詳細

2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner