blog1

認知症の基礎知識Vol.40(認知症ケアの新しい技法?ユマニチュードとは)

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日伺った杉並区の介護付有料老人ホームでは、認知症予防に対する取り組みがとても先進的で、ユマニチュード、シナプソロジー、ユ、ストレスホルモン軽減という3つのアプローチによるケアを実施しているということでした。
そこで今回はユマニチュードについて解説したいと思います。

見学レポート(84)東京都杉並区(荻窪)の介護付有料老人ホーム(家具付・認知症予防に強い)

■ユマニチュードとは
●ユマニチュードに関する書籍
こちらの本が大きな本屋さんに行くと目立つところに置いてあります。それだけ注目度の高いものです。

ユマニチュード入門 - 本田 美和子 , 他

ユマニチュード入門

  • 著: 本田 美和子 , 他
  • 出版社: 医学書院
  • 発売日: 2014/06/09
  • 定価: ¥2,160
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jpで詳細を見る

●ユマニチュードとは
ユマニチュードとは、フランスのイヴ・ジネス氏とロゼット・マレスコッティの2人によって作り出された知覚・感情・言語による包括的コミュニケーションにもとづいたケアの技法です。2人は、もともと体育学の教師でしたが、医療及び介護の分野に足を踏み入れ、35年にわたりケア実施が困難だと言われる人々を対象にケアを行ってきました。彼らは「生きている者は動く。動くものは生きる。」という文化と思想のもと、「人間は死ぬまで立って歩くことができる」を提唱し、その経験から生まれたのがユマニチュードというケアの技法でした。

●ユマニチュードの4つの柱
ユマニチュードには4つの基本的な柱があります。それは、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つです。本来当たり前の人間的なコミュニケーションを意識的、理論的に実践するのです。

■4つの柱
●見る
見るという行為には、ポジティブなメッセージとネガティブなメッセージに大別されます。

ポジティブなメッセージ:水平の高さ、正面の位置、時間的に長く→信頼、親密さ、友情などの証
ネガティブなメッセージ:上から、横から、遠くから、時間的に短く→支配、見下し、恐れ、自身のなさ

ユマニチュードにおいて、視線を掴みに行くことが大事であり、対象者が壁の方向を見ていたら、ベッドを動かしてでも患者さんの向いているところに視線を合わせることが重要です。

●話す
話すという行動もポジティブな関係やネガティブな関係があります。

ポジティブな関係:トーンは優しく、歌うように、穏やか。
ネガティブな関係:トーンが高くなり、叫びにちかい、激しい口調。

最も悪いことは、相手を無視して話かけないことです。話かけないことは、相手が存在していないというメッセージを発信していることになるからです。
反応のない人へのアプローチは、自分が行っているケアの様子を言葉にしたりすることが大事です。

●触れる
触れるという行動もポジティブな触れ方やネガティブな触れ方があります。

ポジティブな触れ方:広く、柔らかく、ゆっくり、なでるように、包み込むように→優しさ、喜び、慈愛、信頼
ネガティブな触れ方:粗暴、速く、小さく、強く→怒り、葛藤

ユマニチュードにおける触れ方は、広い面積で、ゆっくり、優しくです。移動に際しては、10歳の子供以上の力を使うことなく、体の部分を動かす際には、5歳の子供以上の力を使いません。

●立つ
立つことは、人間の尊厳としての側面も強く非常に重要です。本来立つことはできるのに寝たままのケアを受けている人は多いです。寝たまま行っている保清ケアを、立ってケアすることができれば大きくかわります。40秒間立つことができれば、立位を含んだケアができます。

ご不明点や詳細については、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ) 03‐5201‐3645)

関連記事
認知症の基礎知識Vol.1(認知症とは)
認知症の基礎知識Vol.2(アルツハイマー型認知症の特徴)
認知症の基礎知識Vol.3(脳血管障害型認知症の特徴)
“認知症の基礎知識Vol.4(レビー小体型認知症の特徴)
認知症の基礎知識Vol.5(若年性認知症の特徴)
認知症の基礎知識Vol.6(治療可能な認知症)
認知症の基礎知識Vol.7(認知症と間違われやすい病気の解説)
認知症の基礎知識Vol.8(検査から治療までの流れ)
認知症の基礎知識Vol.9(認知症の進み方と介護のポイント)
認知症の基礎知識Vol.10(中核症状と周辺症状)
認知症の基礎知識Vol.11(認知症サポーターキャラバンとは)
認知症の基礎知識Vol.12(認知症の人が介護認定を受ける際の留意点)
認知症の基礎知識Vol.13(認知症の症状が強く出る原因を理解する)
認知症の基礎知識Vol.14(認知症の方への接し方)
認知症の基礎知識Vol.15(認知症と回想法)
認知症の基礎知識Vol.16(映画で学ぶ認知症)
認知症の基礎知識Vol.17(問題行動の原因と対処法①食べたことを忘れ何度も食べる)
認知症の基礎知識Vol.18(問題行動の原因と対処法②いろんなものを口に入れてしまう)
認知症の基礎知識Vol.19(問題行動の原因と対処法③着替えを嫌がる・拒否する)
認知症の基礎知識Vol.20(問題行動の原因と対処法④お風呂を嫌がる・入浴拒否)
認知症の基礎知識Vol.21(問題行動の原因と対処法⑤夜寝れない・寝つきが悪い)
認知症の基礎知識Vol.22(問題行動の原因と対処法⑥夜中に騒ぐ・夜間せん妄)
認知症の基礎知識Vol.23(問題行動の原因と対処法⑦家族の名前が出ない・誰かわからない)
認知症の基礎知識Vol.24(問題行動の原因と対処法⑧介護の拒否・反発)
認知症の基礎知識Vol.25(問題行動の原因と対処法⑨嫉妬・妄想)
認知症の基礎知識Vol.26(問題行動の原因と対処法⑩物盗られ妄想)
認知症の基礎知識Vol.27(問題行動の原因と対処法⑪大声で叫ぶ)
認知症の基礎知識Vol.28(問題行動の原因と対処法⑫暴力行為)
認知症の基礎知識Vol.29(問題行動の原因と対処法⑬目を離すといなくなる・徘徊)
認知症の基礎知識Vol.30(問題行動の原因と対処法⑭物を盗ってしまう・万引き・窃盗
認知症の基礎知識Vol.31(問題行動の原因と対処法⑮排泄の失敗・粗相をする)
認知症の基礎知識Vol.32(問題行動の原因と対処法⑯便をなすりつける・不潔行為・弄便)
認知症の基礎知識Vol.33(問題行動の原因と対処法⑰ゴミを拾ってくる
認知症の基礎知識Vol.34(オレンジプラン【認知症推進5ヵ年計画】とは)

関連記事
高齢者住宅経営者連絡協議会第2回シンポジウムの参加レポート
自分史についてVol.13(自分史と回想療法)
知恵袋⑬介護で知っておきたい医療関連用語集
知恵袋⑭介護で知っておきたいお薬一覧”
高齢者住宅・施設の解説⑨グループホーム
介護保険のしくみVol.26(地域密着サービス⑥認知症対応型共同生活介護[グループホーム])
知恵袋① 認知症予防とイチョウの葉エキス
サービス付き高齢者向け住宅入門⑯(サ高住と認知症)

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2017年9月9日(土)
第2回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner