blog1

認知症の基礎知識まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はここまで書いてきた認知症の基礎知識の記事のまとめです。

No.タイトル内容
1認知症とは 認知症とは、さまざまな原因(病気)で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなって生活するうえで支障が出ている状態(おおよそ6ヶ月以上継続)の総称です。
2アルツハイマー型認知症の特徴 認知症の中でも最も多くを占めているアルツハイマー型認知症についての解説です。
3脳血管障害型認知症の特徴 現在見られる認知症のほとんどは[アルツハイマー型][脳血管障害型][レビー小体型]のどれかに該当します。
ここでは[脳血管障害型]の認知症について解説しています。
4レビー小体型認知症の特徴 現在見られる認知症のほとんどは[アルツハイマー型][脳血管障害型][レビー小体型]のどれかに該当します。
ここでは[レビー小体型]の認知症について解説しています。
5若年性認知症の特徴 認知症は高齢者の病気というイメージが強いですが、若い世代でも発症することがあります。ここでは若年性認知症の特徴や初期症状等を解説しています。
6治療可能な認知症 アルツハイマー病やレビー小体病は根治治療というものがありませんが、他の認知症の原因となる病気には治療可能なものもあります。
7認知症と間違われやすい病気の解説 認知症とは別の原因で認知症と同じような症状が起こることがあります。ここではそのような症例のいくつかを紹介しています。
8検査から治療までの流れ 認知症の検査から治療までの流れを紹介しています。
9認知症の進み方と介護のポイント 認知症の進み方と介護のポイントについて、初期、中期、後期の段階ごとにまとめました。
10中核症状と周辺症状 認知症の症状では、誰にでも共通の「中核症状」と個人差のある「周辺症状」に分けられます。


ご不明点や詳細については、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ) 03‐5201‐3645)

関連記事
知恵袋⑬介護で知っておきたい医療関連用語集
知恵袋⑭介護で知っておきたいお薬一覧”
高齢者住宅・施設の解説⑨グループホーム
介護保険のしくみVol.26(地域密着サービス⑥認知症対応型共同生活介護[グループホーム])
知恵袋① 認知症予防とイチョウの葉エキス
サービス付き高齢者向け住宅入門⑯(サ高住と認知症)

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner