blog1

生活保護と高齢者向け住宅・施設について⑥(持ち家がある場合)

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~生活保護と高齢者向け住宅・施設について⑤(申請から保護まで)

今回は、持ち家に住んでいる場合に、生活保護を受けられるかを解説したいと思います。
高齢者向け住宅や施設とは関係はありませんが、住宅に関するご相談のうえでよく受ける質問です。

<借地の場合>

持ち家だからと言って、必ず売り払わなければならないというわけではありません。
借地で、自分の家にお住まいの場合は、家を所有したままで生活保護を利用しているケースはたくさんあります。
このような場合は、月々の地代部分が、住宅扶助として支給されます。

<土地も所有している場合>

次に土地も所有している場合ですが、これも保有が認められて、保護を利用できる場合があります。

一人で広大な屋敷に住んでいるような場合は別ですが、住んでいる土地や家が自分のものであっても、生活保護を受けられる可能性はあります。
土地や家は各人の最低生活を構成する重要な要素です。
そのため、生活保護法の実施要領では、各福祉事務所で「処分検討委員会」を設置して保有を認めるかどうか決定することとされています。

長年住み慣れたささやかいな住まいを、すべて売り払わせるような考え方は、生活保護方の趣旨に反することとなるためです。

なお、厚生労働省は、2007年度からは、高齢者世帯を対象に、「要保護者世帯向け長期生活支援金貸付」(リバースモーゲージ)という制度を創設し、生活保護制度より優先適用しています。

生活に困ったときは、あわてて家を売ったりせずに、まずは福祉事務所に相談してみましょう。

ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。

次回は生活保護と高齢者向け住宅・施設について⑦(世帯単位の原則-世帯分離)です。

~今までの生活保護と高齢者向け住宅・施設についての記事~

①概要
②生活保護の内容
③生活保護の移管手続き等
④生活保護の目的と原理原則
⑤申請から保護まで

~関連記事~
生活保護と高齢者向け住宅・施設について(まとめ)
見学レポート③東京都多摩市の住宅型有料老人ホーム・東京都八王子市のサービス付き高齢者向け住宅
見学レポート④埼玉県狭山市の介護付有料老人ホーム
サービス付き高齢者向け住宅入門(まとめ)
ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
ぷちコラム② 高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2017年9月9日(土)
第2回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner