blog1

生活保護と高齢者向け住宅・施設について①(概要)

このエントリーをはてなブックマークに追加

私共の高齢者住宅仲介センター日本橋店で受けるご相談のうち、半数近くは生活保護に関連する相談です。
そうした経験を踏まえ、生活保護者と高齢者向け住宅・施設(サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム、特養等)の入居問題や移管手続きなどを、今回から何回かに分けて解説したいと思います。

第1回目は、生活保護者数についてみていきます。

厚生労働省が公表する被保護者調査によれば、2012年12月時点で生活保護者の数は215万1,165人になり、8ヶ月連続で過去最多を更新しています。また、生活保護を受給している世帯の数も157万823世帯と過去最高を更新しています。

●被保護世帯数及び被保護実人員(出所:厚生労働省HP)

被保護世帯被保護実人員
平成23年12月1,513,4482,087,086
平成24年12月1,570,8232,151,165
増減+57,375+64,079

前年と比較すると世帯数で5万7千世帯増え、人員で6万4千人増えています。

●世帯類型別保護を受けた世帯数(出所:厚生労働省HP)
高齢者世帯母子世帯障害世帯傷病世帯その他世帯
平成23年12月640,341115,644171,859321,654257,673
平成24年12月681,229115,631179,938297,923289,197
増減+40,888▲13+8,079▲23,731+31,524

世帯の内訳は、高齢者世帯が最も多く、全体の43%を占める68万世帯となっています。
世帯別の増加を見ると、高齢者層の増加が全体の増加の大半を占めていることがわかります。

では、なぜ生活保護は高齢者世帯が最も多いのでしょうか。
そもそも生活保護を受けるための条件は3つあります。

①申請がされていること
②基準以下の収入であること
③資産が基準以下であること

この条件のうち、『②基準以下の収入であること』については、都心部で独り身の場合13万円弱が相場となりますが、自営業などで国民年金しか加入していない場合に、年金受給額は月6万5千円程度です。
このような状況で貯蓄が尽きてしまった場合などは、『③資産が基準以下であること』という条件にも適合します。
そういった理由により、生活保護は高齢者世帯が最も多くなっています。
そして高齢者人口が増えていることに伴い、生活保護を受ける高齢者世帯も年々増加しているのです。

なにかご不明点等ありましたら、高齢者住宅仲介センター日本橋店にお気軽にお問い合わせください。

次回は生活保護と高齢者向け住宅・施設について②(生活保護の内容)です。

~関連記事~
生活保護と高齢者向け住宅・施設について(まとめ)
見学レポート③東京都多摩市の住宅型有料老人ホーム・東京都八王子市のサービス付き高齢者向け住宅
見学レポート④埼玉県狭山市の介護付有料老人ホーム
サービス付き高齢者向け住宅入門(まとめ)
ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
ぷちコラム② 高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2017年9月9日(土)
第2回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner