blog1

生活保護と高齢者向け住宅・施設について④(生活保護の目的と原理原則)

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~生活保護と高齢者向け住宅・施設について③(生活保護の移管手続き等)

3回にわたり生活保護の解説をしましたが、ここで目的と原理原則の解説をしたいと思います。

【目的】
生活保護は、国民に対し、「最低限の生活を保障」することと、その「自立を助長」することを目的としています。

【4つの基本原理】

①国家責任による最低生活保障の原理(生活保護法一条)
憲法二五条で保障する「生存権」を生活保護法という法律で制度化しています。

②保護請求権無差別平等の原理(生活保護法二条)
要件を満たす限り、無差別平等に保護をうけることができるとされています。

③健康で文化的な最低生活保障の原則(生活保護法三条)
生活保護制は、単なる最低生活基準ではなく、『健康的で文化的な』最低生活基準と規定し、人として生きるにふさわしい生活を保証しています。

④保護の補足性の原理(生活保護法四条)
生活保護の適用前提として、①資産、能力等の活用、②扶養義務の優先、③他方他施策の優先を規定しています。

【4つの基本原則】

①申請保護の原則(生活保護法七条)
生活保護は、本人や扶養義務者、同居の親族の申請に基づいて開始されるのが原則です。
申請者がいない場合等の急迫した状況では、福祉事務所は必要な保護を行うことができるとされています。

②基準及び程度の原則(生活保護法八条)
最低限度の生活需要を満たし、なおかつ超えないものとされています。

③必要即応の原則(生活保護法九条)
個人や世帯の必要の相違を考慮して、有効かつ適切に行うものとされています。

④世帯単位の原則(生活保護法十条)
生活保護は、世帯単位で保護の必要性や程度を決めることになっています。

世帯単位ですので、例えば同居していて収入の少ないご両親が、サービス付き高齢者住宅有料老人ホームに入居したいという状況でも、両親のみで生活保護を申請することはできません。あくまで世帯単位となります。

しかし、福祉事務所が必要と認めるときは、個人を単位とする世帯分離という方法があります。

生保の基本原理原則

ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせ下さい。

次回は生活保護と高齢者向け住宅・施設について⑤(申請から保護まで)です。

~関連記事~

生活保護と高齢者向け住宅・施設について(まとめ)
見学レポート③東京都多摩市の住宅型有料老人ホーム・東京都八王子市のサービス付き高齢者向け住宅
見学レポート④埼玉県狭山市の介護付有料老人ホーム
サービス付き高齢者向け住宅入門(まとめ)
ぷちコラム① 高齢者住宅の適切な入居時期は?
ぷちコラム② 高齢者住宅・施設に関する世間のイメージ

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2017年9月9日(土)
第2回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner