blog1

年金のお話(20)年金給付と税金

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は年金の記事です。
前回の年金記事はこちら⇒年金のお話(19)国民年金基金

今回のテーマは年金給付と税金です。

<年金給付と税金>
1.所得金額の計算
公的年金のうち、遺族基礎(厚生)年金・障害基礎(厚生)年金は非課税ですが、老齢基礎(厚生)年金は課税の対象となります。
その場合は所得計算は次のようになります。
(参考⇒公的年金等の課税関係

雑所得の金額=(a)×(b)-(c)

年齢(a)年金の収入額(b)割合(C)控除額
65歳未満    ~70万円所得金額はゼロとなる。
70万円~130万円100% 70万円
130万円~410万円 75% 37万5千円
410万円~770万円 85% 78万5千円
770万円~ 95%155万5千円
65歳以上   ~120万円所得金額はゼロとなる。
120万円~330万円100% 120万円
330万円~410万円 75% 37万5千円
410万円~770万円 85% 78万5千円
770万円~ 95%155万5千円

これは先日別カテゴリーで書いた記事「高齢者と税金Vol.6(保険金と課税関係)」で使用した表と同じものです。

2.源泉徴収
一定の金額(65歳未満の場合は108万円、65歳以上の場合は158万円)を超える年金を受け取るときは、所得税及び復興特別所得税が源泉徴収されますが、これらについては年末調整が行われないため、確定申告で1年間の税金を精算することになります。この場合、源泉徴収票(原本)の添付が必要となります。

3.確定申告不要制度
公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合には、確定申告は必要ありません。

次回は年金のお話(21)年金と物価の関係です。
過去の年金記事はこちら→年金のお話(まとめ)

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメント

  1. 27年生まれで4月で64歳になります。一部分は64歳からもらえるのですか?その部分の支給額はずっと変わらないですか?

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner