blog1

自分史についてVol.171結局私たちはいつか自分史を語ることになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分史記事一覧→記事一覧-自分史

本日も前回に引き続き、提携している行政書士であり自分史活用アドバイザーの馬場先生に、体験談を交えた自分史についての記事を書いて頂きました。第171回目は結局私たちはいつか自分史を語ることになるです。



<結局私たちはいつか自分史を語ることになる>

【自分史】の悪いイメージの中でよく言われることとして、「結局自分史は自慢話になってしまうので人の物も読みたくないが、自分もそうなってしまうので書きたくない。(語りたくない)」という意見があります。これは間違いではありませんし、個々人の考え方次第なので否定するつもりはありません。またイメージですからまわりがとやかく言うものでもありません。
今回はこのイメージと反して、ほとんどの人は結局、いつか自分史を語ることになるというお話をしたいと思います。

私たちは現状において何らかのコミュニティの中で暮らしています。職場だったり、家族だったり、ご近所だったり・・・まだまだあると思いますが、とにかくそのコミュニティの中では自分が認知されている状態かと思います。
しかし、そのコミュニティは永遠ではありません。その存在自体が無くなることだけでなく、自分がそこから抜けることもあります。

分かりやすいので職場を例に取りましょう。会社に在籍中は名刺にある肩書きを使って社内や営業活動などをしていた人も定年退職を迎えると、その肩書きや名刺が突然使えなくなります。現在の多くの企業では65歳で定年ですが、その年齢から何もやらずに隠居生活に入る人はほとんど見かけません。地域や趣味、または新たな仕事など、別のコミュニティに入ることになります。

おそらく会社に何年も務めた人が名刺を持たずにコミュニティに入ることはかなり難しいはずです。相手から求められなくても自分の経歴や過去を自ら話すことになるでしょう。その際には、多少自分の功績を語ることも多いかと思います。これを自慢話だから不快とすべきでしょうか。私はそうは思いません。この場合は自分のためというより、コミュニティのためにこの自分の経歴、功績を間接的に使って欲しいという考えから来るものでしょう。つまりこのコミュニティに自分の必要性をわかってもらうための一種のプレゼンの一環と捉えるべきでしょう。
これは男性の定年後を例にとりましたが、女性は様々なコミュニティに入る機会は男性以上にあるかと思います。その際自分を売り込むことはそのコミュニティにもメリットになります。嘘はいけませんが、客観的に自分を伝えることは相手に対するマナーに近い気がします。

自分史を否定し、自分史に関わることはしないようにするという考えは早めに切り替え、いつか自分史に関わる日が来るのだから、それまでにうまく自分を語れるよう自分史を意識した生活をすべきです。例えば自分史を書いて第三者に読んでもらうことで同じ自慢話でも表現が洗練され、より受け入れやすいものとなり、いざ新しいコミュニティに入る際には自信を持って自己紹介(自分史の披露)が出来るようになると思います。

つるま行政書士事務所

つるま行政書士事務所

自分史・エンディングノート・遺言・相続

馬場敦先生は町田市鶴間に事務所を構えていて、地域密着、個人密着をモットーに活動されています。法的な遺言書の有効性を高めるために自分史やエンディングノートを活用して、家族に想いを伝えるトータルメモリーサポート事業をおこなっています。主に、自分史・遺言書作成で連携させて頂いております。⇒回顧録チラシ

<ニュース・イベント等>
●テレビ番組
・NHKのEテレ「団塊スタイル」2013年6月14日金放送:意外な効用!自分史づくり
http://www.nhk.or.jp/dankai/bangumi/num062/
●新聞
・東京新聞2013年6月12日:お父さんの「自分史」贈ろう 父の日 今年は「モノより思い出」を
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2013061202000156.html
●自分史年表作成サイト
・Histy
http://histy.jp/
●イベント
・自分史フェスティバル2013(東京・両国の江戸東京博物館 2013年8月7日開催)
http://www.jibun-shi-festival.net/
・自分史フェスティバル2014
http://www.jibun-shi-festival.net/
<関連商品・書籍>

それでも僕は夢を見る - 鉄拳

それでも僕は夢を見る


  • イラスト: 鉄拳
  • 出版社: 文響社
  • 発売日: 2014/03/18
  • 定価: ¥1,065
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • Amazon.co.jpで詳細を見る

自分史作成キット 和装本 自分の歴史を書いてみよう ([バラエティ]) - http://www.horei.co.jp/jibunshi/_src/sc287/8FA495i83C8381815B83W.jpg

自分史作成キット 和装本 自分の歴史を書いてみよう ([バラエティ])


  • 著: 一般社団法人自分史活用推進協議会
  • 出版社: 日本法令
  • 発売日: 2012/08/10
  • 定価: ¥1,995
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jpで詳細を見る

チョイ上の自分史わたし本を書こう! - のみ山ハジメ

チョイ上の自分史わたし本を書こう!


  • 著: のみ山ハジメ
  • 出版社: 文研ビズ
  • 発売日: 2010/05/10
  • 定価: ¥525
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jpで詳細を見る

失敗しない自分史づくり98のコツ - 前田 義寛 , 他

失敗しない自分史づくり98のコツ


  • 著: 前田 義寛 , 他
  • 出版社: 創英社/三省堂書店
  • 発売日: 2013/03
  • 定価: ¥1,575
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jpで詳細を見る
ご不明点や詳細については、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ) 03‐5201‐3645)

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
2017年1月27日(金)発売!
高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト
著者:高齢者住まいアドバイザー協会(満田将太)

内容詳細
2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他

内容詳細

2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner