blog1

知恵袋③ 介護タクシーについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~知恵袋② 遠距離介護の運賃割引

本日は、「介護タクシー」について解説します。
介護タクシー2
<概要>

在宅で一人で生活している方や、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)にお住まいの方が、通院の足として頼れるのが「介護タクシー」です。介護タクシーは大きく分けて2種類に分けられます。介護保険を利用できるタクシーと介護保険を利用できないタクシー(福祉タクシー)です。どちらも通常のタクシー同様に決まった運賃はかかります。

●介護保険を利用できる場合(介護タクシー)
訪問介護の「通院等乗降介助」というサービスが利用でき、車への乗降や病院での受診手続き等のサポートを介護保険の1割負担で利用できます。また、訪問介護の「身体介護」を利用すれば、ベッドからの移動介助、着替介助などのサービスが受けられます。

内容ホームヘルパーの資格があるドライバーが自ら運転する車両で乗降の介助を行ないます。また、あわせて乗降車前後の屋外などでの移動介助や通院先での受診手続きを行います。
対象者要介護1~5(要支援者は利用できません。)
料金片道100円の自己負担と、別途運賃が必要になります。運賃は介護保険の1割負担でありません。
申し込み先ケアマネジャーに依頼し、ケアプランに組み込んでもらいます。

●介護保険を利用できない場合(福祉タクシー)
車椅子やベッドのまま乗れる福祉車両やセダン型の車両を使用し、通院以外にも、行楽、買い物、旅行などにも利用ができます。

内容介護タクシー同様、ワゴンタイプで車椅子やストレッチャーの運送も可能な車両が多いです。
対象者高齢者や障害者
料金メーター制、時間制、貸切制があります。
申し込み先タクシー会社

●市町村の「外出支援」を利用
各市区町村で外出支援サービスの一環で福祉タクシーによる通院介助サービスの費用の一部を市区町村が負担してもらえることがあります。各市区町村によって負担額はまちまちですが、月2回程度の通院に利用できます。各市区町村の担当窓口に問い合わせてみましょう。

<まとめ>

介護タクシーは運営会社によって料金はまちまちであるため、しっかり確認するようにしましょう。特に運賃は介護保険の適用にはなりませんので、ご注意ください。また、市区町村によっては、「外出支援サービス」を利用して通院することもできますので、地域の高齢福祉情報をしっかり把握しましょう。

ご不明点等ありましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
2017年1月27日(金)発売!
高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト
著者:高齢者住まいアドバイザー協会(満田将太)

内容詳細
2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他

内容詳細

2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner