blog1

知恵袋② 遠距離介護の運賃割引

このエントリーをはてなブックマークに追加

~前回~知恵袋① 認知症予防とイチョウの葉エキス

役に立つプチ情報の第二弾は遠距離介護の運賃の各種割引についてです。親が遠方で暮らしている場合は遠距離介護になります。交通費の負担が膨らみますが、頻繁に帰省したいものだと思います。そういった際は各種の割引を利用するようにしましょう。
飛行機
<航空会社>

航空会社各社では、運賃の介護割引を採用しています。航空会社の発行する介護パスや会員カードは必要ですが、運賃が3割~4割引になります。ですのでかなりおトクです。介護する人とされる人の居住地を結ぶ一路線限定ですが、JAL、ANAでは直行便がない場合のみ経由が認められます。

●航空運賃例

名称対象者備考URL
日本航空(JAL)介護帰省割引介護する人介護帰省割引お客様情報登録が必要。コチラ
全日空(ANA)介護割引介護する人介護割引情報登録されたANAマイレージクラブカードが必要。ピーク時は利用できない。コチラ
スカイネットアジア航空(SNA)介護特別割引介護する人と介護される人介護割引パスの申請が必要。コチラ
スターフライヤー(SFJ)介護割引介護する人と介護される人介護割引パスの申請が必要。年末年始などピーク時は割引率が下がる。コチラ

<JR>

JRは特に介護用の割引運賃を設定していません。しかし、「ジパング倶楽部」の会員になると20~30%の割引となります。新幹線を含む(のぞみは除く)全線で、201km以上の乗車で適用されます。年会費が必要ですが、年間20回まで利用可能なため、頻繁に利用する場合はメリットが大きいです。その他、JR各社が、割引会員制度を実施しています。

●JR運賃例
名称対象者割引率URL
JR共通ジパング倶楽部女性60歳以上、男性65歳以上20%~30%新幹線を含む(のぞみは不可)JR線を201km以上利用するとき適用。年20回利用可で年会費必要。
JR北海道悠遊旅倶楽部女性50歳以上、男性60歳以上30%道内のJR線の201km以上利用するとき適用。年会費必要。
JR東日本大人の休日倶楽部ジパング女性60歳以上、男性65歳以上20%~30%JR東日本、JR北海道をの路線を新幹線を含み201km以上利用するとき適用。年会費必要。
JR九州マイ・ウェイ・クラブ女性50歳以上、男性60歳以上20%~40%九州内の路線(新幹線、寝台特急、JRバスを除く)を201km以上利用すると何回でも適用。

ご不明点等ございましたら、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせ下さい。

次回は知恵袋③介護タクシーについてです。

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner