blog1

介護関連用語の解説【け】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアカンファレンス 【介護関連】


居宅サービス計画作成のため、介護支援専門員が、関係する専門職を招集して行なう会議のこと。

ケアコール端末 【介護関連】


夜間対応型訪問介護で、利用者がオペレーションセンターに通報するときに使う端末。

ケアハウス【介護関連】


軽費老人ホームのひとつ。身体機能が低下し家族による援助が困難な高齢者が個室に入居し、入浴、食事サービスなどを受ける。

ケアハラスメント 【介護関連】


介護従事者が利用者から受ける様々な身体的、精神的な圧力。暴言、暴力、性的嫌がらせなど。

ケアプラン 【介護関連】


介護サービス計画。介護保険において、利用者の現状から希望に合わせて作成される。

ケアマネジメント 【介護関連】


高齢者などの生活上の課題を解決し、自立した生活ができるように介護保険等の多様なサービスを効率的に利用できるように調整したり、計画したりすること。

ケアマネジャー【介護関連】


介護支援専門員。要介護者の自立した日常生活を支援する専門職。

経管栄養療法 【医療関連】


鼻腔や腹部に開けた穴から、胃や十二指腸にチューブで栄養を送り込む栄養摂取法。

傾聴(けいちょう) 【介護関連】


相手の話をこころに寄り添うような気持ちでよく聞き、隠された気持ちや訴えをとらえるようにすること。

軽度認知障害 【介護関連】


認知症と健康の境界にある場外。物忘れはあるが、認知機能は保たれており、日常生活に大きな支障がない状態。MCIとも言われる。

軽費老人ホーム【関連】


老親福祉法に定められた施設のひとつで、A型、B型、ケアハウスがある。

ケースワーカー 【制度】


福祉の分野で生活相談にのり、援助の手続きを行なう人。福祉事務所の相談員を指す場合が多いが、民間の施設の相談員の名称として使われることもある。

減塩(げんえん) 【その他】


高血圧予防などのため、円分の摂取量を減らすこと。

健康寿命【その他】


認知症や要介護状態にならず、自立した生活を送ることができる期間。平均寿命と健康寿命の差が介護等が必要となる期間である。

ケリーパッド 【介護関連】


寝たままの姿勢で洗髪できる用具。

言語聴覚士(ST) 【介護関連】


言語・聴覚障害や嚥下障害のリハビリを担当sるう専門職の国家資格。

見当識障害(けんとうしきしょうがい) 【医療関連】


日時や曜日、自分のいる場所、親しい人の顔などがわからなくなり、自分と周囲との関係が理解できなくなること。認知症の症状のひとつ。

現物給付(げんぶつきゅうふ)
【制度】


福祉や医療における給付方法のひとつ。金銭でなく、物品やサービスで提供されること。

権利擁護事業 【制度】


高齢者への虐待の帽子や予防、その他の権利を擁護するために、介護保険の地域支援事業で市町村が実施しなければならない事業。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
2017年1月27日(金)発売!
高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト
著者:高齢者住まいアドバイザー協会(満田将太)

内容詳細
2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他

内容詳細

2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner