blog1

自分史についてVol.163自分フェスティバル2016in江戸東京博物館開催レポート①

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分史記事一覧→記事一覧-自分史

本日も前回に引き続き、提携している行政書士であり自分史活用アドバイザーの馬場先生に、体験談を交えた自分史についての記事を書いて頂きました。第163回目は自分フェスティバル2016in江戸東京博物館開催レポート①です。



<自分フェスティバル2016in江戸東京博物館開催レポート①>
8月25日(木)10時から両国の東京江戸東京博物館にて『自分フェスティバル2016in江戸東京博物館』が開催されました。
炎天下の中、しかも平日ということで集客が心配されましたが、オープニングプログラムである自分史活用推進協議会前田代表理事による講演「自分史ど真ん中」は定員オーバーの80名以上のご来場があり、上場の滑り出しとなりました。
 その後、午前中のプログラムとして実際に自分史を書いてみるワークショップが同会場で開催され、全5ブース6名定員は常に満席で、午前中から大変盛り上がりを見せるイベントとなりました。このワークショップは「自分史オープンサロン」と言って、5つのブースがそれぞれ別々のツールを使い簡単な自分史をその場で作ったり、今後作るためのヒントなどが得られるもので、写真や地図、ファイリングの活用や双六を利用したもの、また自己紹介のための自分史活用などバラエティに富んでいて、「どれも受講したかった。」との嬉しいクレームを受けるほどでした。このブースでは関西、名古屋、静岡、横浜、東京と全国で活躍する自分史活用アドバイザーが講師と務めており、このフェスティバルが自分史活用推進協議会が総動員のもと進めているイベントだということがわかるかと思います。
このサロンの特徴は同じ内容のものを時間内(1時間半)で3回行います。ですので理論上は別のサロンに3回行けることになり、ワークショップのはしごが可能です。実際には時間が限られていたこともあり、きれいに3回転できなかったようですが、一つのサロンでワークするだけでも十分満足のいくものだったかと思います。イベントのアンケートでもこのサロンに関する評判がよく、来年度はもう少し時間の余裕を持って複数受講が可能なものにして行きたいと思います。
このサロンを通じて、自分史に関しては、やはりきっかけ作りが重要なんだと再認識しました。皆さんちょっとしたツールを使うことで、堰を切ったように自分史を作る姿が多くみられました。自分史は一人で悶々と書くものではなく、このようにきっかけを使いながら、どんどんと書いていくことで楽しさが倍増します。
このきっかけを提供するのがアドバイザーの役割りであり、これが普及すれば自然と自分史を作る人も増えてくるはずです。自分史フェスティバルではこの他、自分史に関する様々な講演や、仕事として自分史を作っている方の声、また今回は演劇を取り入れた自分史世界の表現などがプログラムとして準備されています。それらを見たり聞いたりすることで、それぞれの方々が自分史に取り組むきっかけになるような工夫をしています。
この流れは9月14日から始まる『自分フェスティバル2016in日本橋三越』にも引き継がれます。ここでは1週間の開催で夜も20時までとお仕事の帰りでもブラッと立ち寄れます。どうぞお気軽にお出で頂き自分史のきっかけを掴んでください。

自分史フェスティバル2016in日本橋三越HP


つるま行政書士事務所

つるま行政書士事務所

自分史・エンディングノート・遺言・相続

馬場敦先生は町田市鶴間に事務所を構えていて、地域密着、個人密着をモットーに活動されています。法的な遺言書の有効性を高めるために自分史やエンディングノートを活用して、家族に想いを伝えるトータルメモリーサポート事業をおこなっています。主に、自分史・遺言書作成で連携させて頂いております。⇒回顧録チラシ


<ニュース・イベント等>
●テレビ番組
・NHKのEテレ「団塊スタイル」2013年6月14日金放送:意外な効用!自分史づくり
http://www.nhk.or.jp/dankai/bangumi/num062/
●新聞
・東京新聞2013年6月12日:お父さんの「自分史」贈ろう 父の日 今年は「モノより思い出」を
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2013061202000156.html
●自分史年表作成サイト
・Histy
http://histy.jp/
●イベント
・自分史フェスティバル2013(東京・両国の江戸東京博物館 2013年8月7日開催)
http://www.jibun-shi-festival.net/
・自分史フェスティバル2014
http://www.jibun-shi-festival.net/

<関連商品・書籍>

それでも僕は夢を見る - 鉄拳

それでも僕は夢を見る

  • イラスト: 鉄拳
  • 出版社: 文響社
  • 発売日: 2014/03/18
  • 定価: ¥1,065
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • Amazon.co.jpで詳細を見る

自分史作成キット 和装本 自分の歴史を書いてみよう ([バラエティ]) - http://www.horei.co.jp/jibunshi/_src/sc287/8FA495i83C8381815B83W.jpg

自分史作成キット 和装本 自分の歴史を書いてみよう ([バラエティ])

  • 著: 一般社団法人自分史活用推進協議会
  • 出版社: 日本法令
  • 発売日: 2012/08/10
  • 定価: ¥1,995
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jpで詳細を見る
チョイ上の自分史わたし本を書こう! - のみ山ハジメ

チョイ上の自分史わたし本を書こう!

  • 著: のみ山ハジメ
  • 出版社: 文研ビズ
  • 発売日: 2010/05/10
  • 定価: ¥525
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jpで詳細を見る
失敗しない自分史づくり98のコツ - 前田 義寛 , 他

失敗しない自分史づくり98のコツ

  • 著: 前田 義寛 , 他
  • 出版社: 創英社/三省堂書店
  • 発売日: 2013/03
  • 定価: ¥1,575
  • ジャンル: Book
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jpで詳細を見る

ご不明点や詳細については、お気軽に高齢者住宅仲介センター日本橋店にお問い合わせください。
(担当:満田(ミツダ) 03‐5201‐3645)

■ 高齢者住宅仲介センター日本橋店6つの特徴

✔一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化)
実際にこの目で見た施設・住宅をご紹介できるようにしております。
✔低価格帯の施設もご用意
生活保護を受給されている方でも受入可能な施設・住宅もご用意いたします。
✔24時間医療対応の施設
胃瘻・気管切開・夜間吸引等の24時間医療対応の施設・住宅もご紹介できます。
✔認知症の方も安心
認知症ケアの環境が整った施設・住宅をご紹介します。
✔自立の方向けの施設
自立されている方でいまの生活に不安がある方へのご紹介が可能です。
✔ご夫婦での入居
ご夫婦で入居できる施設・住宅を探している方をサポートいたします。

メールでのご相談フォームはこちらです。⇒フォーム

コメントを残す



CAPTCHA



ご相談フォームのボタン等
ご相談フォームはこちら
お電話でもお気軽にご相談ください 03-5201-3645
メール受付
高齢者住まいアドバイザー
2018年3月24日(土)
第3回検定実施
詳細
2017年1月27日(金)発売!

2016年2月12日(金)発売!
高齢者向け住まい&介護に備える入門ガイドブック
著者:満田将太 他
内容詳細


2015年3月16日(月)発売! 世界一わかりやすい 介護保険のきほんとしくみ 2015年度版 - 満田 将太
編著:イノウ 監修:満田将太
監修させて頂きました。
  • むすびの家

  • banner